夢盟塾の想い

◆「夢盟塾の演習 大変だったけど楽しかった!」

 

ある小学生が夢盟塾の体験授業後、お母さんにお話していた言葉です。

お子さんに、こう言ってもらえる塾でありたいです。

お母さんも、お子さんが塾から帰ってきてこう言ってたら、嬉しくないですか?

私がお母さんなら、嬉しいです。

(私は男なので、実際はお母さんにはなれませんが・・・)

 

金大附属や泉丘・二水など上位校を志望するなら、甘いことは言えません。

厳しく自己を鍛錬しなければいけません。

でも、やはり行くのなら前向きに塾へ行ってきてほしい。

帰ってくる時は、疲れながらも充実した笑顔で帰ってきてほしい。

厳しい鍛錬を望みながらもこう思うのが、親心ではないかと思います。

 

私たち夢盟塾は、大量演習などでお子さんを厳しく鍛錬します。

青春時代の厳しい鍛錬は人生の糧となる、と信じておりますので。

でも。

この鍛錬を通じて、お子さんに達成感を味わってほしい。

そして、充実感に満ちた笑顔でお母さんにお父さんにお帰ししたい。

そんな空気、雰囲気を、夢盟塾はお子さんとお父さんお母さんにお届けしたい。 

 

夢盟塾の方針

◆大量演習 そして反復演習

 

授業では、徹底して演習を大量にしてもらいます。

スポーツでもそうですが、身体を実際に動かしたほうが覚えがいいです。

勉強も同じで、実際に手と頭を動かすほうが、知識などが定着します。

 

しかし、何冊ものテキストをやる、という訳ではありません。

塾のワークや、学校のワーク、これらを3回ずつ反復演習します。

大量に同じ動作を反復することで、定着が強くなります。

野球の素振り練習と似ていますね。

夢盟塾ではお子さんに、大量に、勉強の素振りをしてもらいます。

 

◆集中環境

 

孟母三遷の教え、という言葉があります。

中国の古代の思想家、孟子のお母さんのお話です。

お母さんは孟子に勉強をしてもらいたく、周囲の環境に大変気を配りました。

そのために、3回も引っ越しをして、学ぶ環境を整えたそうです。

 

どれだけ良い先生や良いテキストを使っても。

どんなに大量演習や反復演習そして長時間演習をしても。

周りの環境が勉強に集中できるものでなくては、効果が上がりません。

そのためにも、教室内のお喋りや無駄話は徹底的に取り締まります。 

 

夢盟塾の理念

◆人間7分 学力3分

 

私塾長小島が尊敬する塾人、入江伸先生(故人)の言葉です。

成績を上げるためには、学力だけではダメだ、人間力や心の鍛錬が重要だ、と。

私はそうだと思いますが、お母さんお父さんも、そう思いませんか?

 

大量の演習も、集中できる環境も、強い人間力や心が伴わないと、無意味です。

塾に来させてもらっているという親御さんへの感謝の心。

安易に人に頼らずまずは自分でやり抜くのだという自立の心。

こういうものがあってこそ、厳しい勉強の鍛錬から培った学力が活きてきます。

 

ですから夢盟塾では、厳しくも以下の規律を守ってもらいます。

・あいさつの徹底

・座る姿勢の管理

・備品を大事に使う

・やる気のない態度を見せたら退室

・集中環境を乱せば退室(退塾)

厳しそうですが、社会一般のルールとそれほど大きく変わるとは思いません。

勉強以外のところですが、人として大切なことばかりだと思います。

こういうところも徹底し、鍛錬していきます。 

 

◆入江伸先生(1917-2006)

芸能人のラサール石井さんが通っていた塾の先生として有名。ちょっと怖い雰囲気の、でも芯の強そうなオーラの先生ですね。ちなみに石井さんの母校ラ・サールといえば、偏差値73以上、九州一の化物級進学校です。

 

※ 以下Wikipediaより抜粋。

1948年、大阪府立阿倍野高等学校での国語教師を最後に教職を去り、通信教育の添削を始める。その指導が評判となり、帝塚山の自宅に生徒たちが集まり、各人が机や椅子を持ち寄ったことから1960年に伸学社(通称入江塾)を設立。「人間7分学力3分」を指導理念とし、生活面から徹底した指導を行ったためスパルタ教育として賛否両論を呼んだ。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

電話 076‐222‐1115

FAX 076‐225‐8399

mumeijuku315@yahoo.co.jp

TOPICS

子どもが笑顔になる学習塾全国24選

に夢盟塾が選ばれました

塾長も共著させていただきました。

amazonや全国書店で好評発売中。