2016年以降のものは、トップページにあります

こちらから

2014‐15 受験生たちの声

金沢大附属高校合格(2015年 金沢大附属中学卒)(推薦)

私は小学生の時から夢盟塾に通っていますが、夢盟塾の先生方にはとても感謝しています。3年前の金沢大附属中学受験。小島先生の合格直後に言われた言葉を、今でも覚えています。「おめでとうとは言うけれど、良かったね、とは言わない。良かったと言える中学校生活になるように頑張りなさい」先生の言葉のおかげで3年間コツコツと努力を続けることが出来ました。そのための夢盟塾の環境はとても良いものでした。辛いこともたまにはあったけれど、ライバルであるみんなと勉強するのは楽しかったです。私は、息抜きと称してする授業中の難問数学がとても達成感があり、面白かったです。最後に、私が合格できたのは、支えてくれた友達、学校の先生方、夢盟塾の先生方、そして家族のおかげです。高校に入学してからも努力を続けていきたいです。

金沢大附属高校合格(2015年 金沢大附属中学卒)(推薦)

私は昔から社会が苦手でした。暗記がどうも上手くいかず、点数も悪くなって、他の教科よりも苦手意識が高かったです。しかし、夢盟塾のテストの1つに、塾のみんなとする、ゲームのような暗記テストがありました。時間も短く、覚えられるのはかなりギリギリだったけれど、覚えていく作業は、1人で勉強するときよりも数倍も楽しかったです。夢盟塾は、分からない所を教えてもらう、という場でもあったけれど、楽しく学べる場でもあったと思います。だから、毎日の自習もそんなに苦しいものではありませんでした。私の合格は、そんな日々の積み重ねと、塾のみんなのおかげで出来たものなのだと思います。最後に、私の質問に根気よく答えてくださった先生方、ライバルであり生徒でもあった夢盟塾のみんな、本当にありがとうございました。

金沢大附属高校合格(2015年 金沢大附属中学卒)(推薦)

僕は中1の時は学年でも60番くらいで、金沢大附属高校推薦合格どころか、一般合格すら危ぶまれる順位でした。しかし、2年生になってから、夢盟塾の先生方に数学を徹底的に指導していただいたおかげで、苦手な数学を克服し、単元テストも430点台を安定して取れるようになりました。3年生になって、校内順位も20番くらいにまでなりました。日ごろ、家で勉強をしなかった僕がここまで成長できたのは、ひとえに夢盟塾の先生方が、学習といういかにも苦しそうなものを僕にとって楽しいものへと変えてくれたことにあると思います。いつも丁寧かつ真摯な姿勢で接してくださった先生方、そしていつも支えてくれた友達には、心から感謝しています。高校でも、夢盟塾で学んだ姿勢を活かし邁進します。

金沢大附属高校合格(2015年 金沢大附属中学卒)

金沢大附属中学に入学してから、部活動に明け暮れる日々でした。勉強でも、数学で100点を取ったり、5教科で450点を超えたり、全てが順調に進むと思っていました。部活でも金沢市選抜に選ばれ、完全に調子に乗っていました。しかし、勉強もせず、部活しかしていなかったため、いつの間にか平均点に満たない成績になってしまいました。当然部活動にも影響が出て、心身ともに打ちのめされました。そんな時、小島先生が助けてくれました。苦手意識のあった数学に対して的確なアドバイスをしてくれ、少しずつ成績が上がっていきました。そして金沢大附属高校に合格することが出来ました。合格できたのも、決して自分の努力だけではありません。小島先生を始めとする夢盟塾の先生方、友達、そして家族のおかげです。本当にありがとうございます。高校でも邁進していきたいと思います。

金沢大附属高校合格(2015年 金沢大附属中学卒)

僕が金沢大附属高校に合格できたのは、家族のおかげはもちろん、夢盟塾のおかげでもあると思います。以前は学力も低く、メンタルの弱かった僕でしたが、それらを強くしてくれたのは小島先生でした。僕の理解できていないことを的確に教えてくださり、また、自分のテストに対する考え方を変え、心も鍛えてくださいました。他の先生方も温かく指導してくださり、感謝しています。これからもこの夢盟塾で学んだことを高校の勉強でも生かしていきたいと思います。また、高校の勉強内容も夢盟塾でマスターしていきたいです。高校受験はただの通過点であるので、これからの勉強にしっかり励んでいきたいと思います。夢盟塾の先生方、本当にありがとうございました。

金沢大附属高校合格(2015年 富山県福光中学卒)

僕は3年生の春から夢盟塾に通い始めました。その頃の僕は勉強に身が入らず、勉強することが苦痛でした。でも、何とかして変わりたいと思っていました。夢盟塾へ通い、集中できる環境で勉強することで、問題を解くことがとても楽しくなっていきました。すると、学校の定期テストで高得点を取ることができるようになり、努力すれば結果が付いてくるのだと実感することができました。10月の模試で50点を取ってしまった英語も、小島先生のアドバイスのおかげでその後、95点を取ることができました。その時はとても嬉しかったです。ここまで成長できたのは、小島先生をはじめとする先生方、富山から毎日送迎してくれた家族、夢盟塾の友達など、たくさんの人の支えがあったからです。本当にありがとうございました。高校でも努力を積み重ねていきます。

泉丘高校合格(2015年 紫錦台中学卒)

僕は夢盟塾で、常に前向きに物事を考える姿勢の大切さについて学びました。僕はテストの科目によって点数に大きな差があったため、なかなか自分の学力に自信を持つことができませんでした。しかし、夢盟塾の先生方は「点数の低い科目があるというのは、もっと得点を伸ばせるチャンスがあるということだ。」と教えてくださり、苦手科目の勉強にも進んで取り組みやすくなりました。本番でも理科で大きなミスを犯してしまい、不安な気持ちになりましたが、自分の得意な英語で頑張って取り返そうと前向きに考えることができ、理科の得点は低かったものの、英語では高得点を得ることができました。このようにうまく気持ちの切り替えができたのも、夢盟塾の先生方のおかげだと思います。受験勉強で得られたプラス思考で、これからも色々な事に挑戦したいと思います。

泉丘高校合格(2015年 紫錦台中学卒)

僕は、中学1年生の時に夢盟塾に入りました。初めは全然成績が上がらず、悩んでいました。しかし、徐々に慣れていき、定期テストでは450点以上、実力テストでは400点以上をほぼ毎回取れるようになりました。夢盟塾では主に演習指導がメインなので、自学独習の姿勢が自然と出来上がっていきました。中3の夏休み・冬休みなどの特訓は。正直きつかったです。でも、それだけ必死に頭に詰め込んだからこそ点数は上がり、各教科での理解も深まったのだと思います。先生は、勉強よりもまず「あいさつ」が口癖でした。僕も、まずはあいさつをしっかりするようにしました。あいさつを重ねるごとに、相手だけではなく、自分も良い気分になれました。今思うと、成績アップのためにはまず心をきれいにしろ、という先生からのメッセージだったのではないかと思います。

泉丘高校合格(2015年 清泉中学卒)

私は中学1年生の時に夢盟塾に入塾しました。私は人見知りなので、自分から話すことが苦手でした。でも、夢盟塾のみんなはとても優しく、過ごしやすい環境でした。また、先生もおもしろくて優しかったので、分からない所をはっきり質問することができました。そのおかげでよい成績をキープすることができたのだと思います。また、数学のウラワザはとても役に立ったし、社会や理科の暗記の早押しゲームはとてもハラハラしたけれど、とても楽しかったです。このように雰囲気がよく、楽しい中で勉強することができたので、私は合格出来なのだと思っています。この良い雰囲気の中で勉強できたことに感謝し、高校でも一生懸命頑張っていきたいです。また、今まで支えてくださった塾の先生方、学校の先生方、塾の友達、学校の友達、家族、親せき、地域の方々に精いっぱいの感謝の気持ちを伝えたいです。

泉丘高校合格(2015年 高尾台中学卒)

私はこの夢盟塾でたくさんのことを学びました。勉強に対する姿勢。大人の人にしっかりと挨拶をすることや、靴をきちんと並べることなど、人としての基本的なこと。周りの人や自分が使ったものや場所への感謝の気持ちを忘れないこと。まだまだたくさんあります。また、塾の環境は私にとってとても良いものでした。授業では講義のほかにゲームを交えた暗記があり、授業がない日も塾に来て自習をすることができました。その結果、勉強に集中することができ、成績も伸びました。この場所があったからこそ、私は泉丘高校に合格できました。だから塾や沢山のことを教えてくださった先生方、支えてくださった周りの人々に感謝の気持ちを伝えたいです。そして、この気持ちを忘れずに、高校でも頑張っていきます。

泉丘高校合格(2015年 高岡中学卒)

僕は、夢盟塾に中学3年生の初めに入りました。それ以前にも夏期特訓や冬期特訓でも何度か夢盟塾にはお世話になっていました。ですが、3年生になり難しくなる勉強にしっかりついていきたい、そして、応用問題に対応できる学力を身に付けたいという自分の思いもあり、入塾を決めました。僕は、中学校に入学したころから泉丘高校に合格することを目標としていました。しかし、そのためには僕の前には沢山の大きな壁がありました。そんな時に出会ったのが夢盟塾でした。夢盟塾では、すぐ質問が出来、豊富な演習ができるというとても僕にあった塾だと感じました。そのおかげで、成績は安定し、かつ、満足できるような点数をとれるまでになりました。特に、実力が身についてくるのがとても実感できました。その時は、とても嬉しかったです。最後に、僕が泉丘高校に合格できたのも、素晴らしい先生、環境、教材など、夢盟塾のおかげです。本当にありがとうございました。

泉丘高校合格(2015年 西南部中学卒)

入塾する前は、受験に対して危機感を持つことなく、3年生になるまで過ごしていました。しかし夏の特訓や冬の特訓を通じて、勉強することに抵抗を覚えないようになりました。この塾でたくさんの問題の演習で苦手の克服ができ、何より先生方の丁寧なご指導で分からなかったことに納得を感じることができました。さらに、勉強に楽しさを見出すことができ、先生方や送迎してくれた親に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

泉丘高校合格(2015年 西南部中学卒)

夢盟塾に入塾したのは、中学3年からでした。それまでは他の塾に行っていたのですが、自分の中にやり切れない自分がいて、ただただ毎日を過ごしていました。でも、夢盟塾に入ったおかげで、自分と本気で向き合いながら有意義な日々を過ごすことができました。そして、自習をしていく中で、自分を支えてくれる友達や家族、先生方のありがたみを今まで以上に感じることができました。勉強面でも人間面でも成長させてくれた夢盟塾に感謝したいです。

二水高校合格(2015年 紫錦台中学卒)

僕は、中学2年生の時に夢盟塾に入りました。入塾してしばらくは、先生に言われたことを全て勉強することができませんでした。ですからテストの点数は少ししか上がりませんでした。中学3年生となり、塾にいる時間が長くなりました。そうしたら、先生に言われたことを全部学習できるようになり、そのうえ、自分でしなければならないと思ったことも勉強するようになりました。そして、得意だった数学や、苦手だった英語などの点数がさらに上がりました。僕はこの塾に入り、自学独習の姿勢が身につきました。そして、自学独習は、勉強をするときに大切なことだということに気が付きました。夢盟塾では、勉強だけでなく、勉強の方法や気持ちの持ち方など、これからも役に立つようなことまで教えてくれました。僕は夢盟塾に入って良かったと思っています。

二水高校合格(2015年 城南中学卒)

僕は中3の春休みに、無料体験授業で初めて夢盟塾に来て、周りの人たちが楽しそうに勉強をしているのを見て、通い続けることを決めました。3年生になり、学校の先生は授業があるたびに入試試験のことを口にして心配させるようになり、同級生はテストの点数を妙に意識し始めました。3年生の3学期ともなると、90点を取っても褒められることはありません。そんな状況でも集中できたのは、塾での授業と自習のサイクルのおかげでした。今聞いた技術がその場で身につく。このおかげで何から手を付けていいのか分からないパニックから脱することができました。夢盟塾での一番の思い出は、入試後のお祝いパーティで、1日中寝ずに友だちや先生とゲームしたり映画を見たりしたことです。途中から入ってもこれだけ仲良くなれる。部屋が狭いだけにすぐに誰とでも仲良くなり、相手もまた受け入れてくれました。夢盟塾を選んでよかったと心から思います。

二水高校合格(2015年 高岡中学卒)

夢盟塾は本当にすごい塾です。なぜなら、受験の年の1月まで、二水なんて話にならないと言われていた僕を、二水に連れて行ってくれたからです。夏期特訓、冬期特訓でもなかなか力が付かなかったのに、2月に入ってから別人ではないかというくらい、点数が上がりました。これはきっと、夢盟塾の魔法だと思います。とはいえ、もちろん全て魔法に頼ったわけではありません。一番頑張ったのは自分。みんなもそうであるはずです。でも自分を頑張らせてくれたのは、夢盟塾です。僕はこの塾に入ることができて、本当によかったです。何はともあれ、合格して一段落つきました。この1年間頑張ってくれた自分に、お疲れさまと言って、ご褒美を沢山あげたいと思います!とにかく今は休みます!合格という結果がすべて良いということではない、というのはよく知っています。大切なのは、ここからです。4月から始まる高校生活で、二水高校に合格したことを後悔しないよう、これからも頑張り続けます。

桜丘高校合格(2015年 兼六中学卒)

私が夢盟塾に入塾したのは、2年生の終わりの頃でした。それまでは、テスト前以外に勉強をしたことがほとんどありませんでした。しかし、夢盟塾では早押し式で暗記をしたり、数学の難問を解く日があったりしたので、塾に行くのが楽しく、自然と勉強する習慣が身につきました。テスト前は学校のワークを1・2回するだけでしたが、正しいテスト勉強の方法を教わると、次のテストでは今までの自分では考えられないような良い点数を取ることができました。だから、今まで自分がやっていたことは、テスト勉強と呼んではいけないと思いました。夢盟塾に入塾して1年、本当に多くのことを学ぶことができました。こんなに楽しいならもっと早く来たかったです。正しい勉強の方法や、その楽しさを教えてくださり、ありがとうございました。高校でも気を抜かずに努力を続けていきたいです。

錦丘高校合格(2015年 紫錦台中学卒)

私は、中学3年生の春に夢盟塾に入れさせていただきました。初めは夢盟塾の部屋に入るだけでもとてもドキドキしました。夏休みに一度だけ、塾に2週間ずっと通わなかったことがありました。その理由は、自分の思ったほど点数が伸びなかったからです。そして塾を辞めたいと思ったからです。しかし塾へ行って、小島先生と話してみると、母がどれだけ自分の事を思っているのか、その時初めて知りました。そして改めて「感謝」の大切さを実感しました。その夜は何度も何度も泣きました。その後は頑張って塾に通い、点数も大きく伸びてきました。私は夢盟塾の先生方、学校の先生方、家族、塾の仲間たちに心から「感謝」しています。たくさん迷惑をかけましたが、合格できました。ありがとうございました。

錦丘高校合格(2015年 犀生中学卒)

私は夢盟塾に通ってよかったと思います。私が夢盟塾に通い始めたのは中学3年生の時からでした。それまではあまり真剣に勉強をしていなかったので、テストの点数も少しずつ落ちていきました。けれど、小島先生や他の先生方のおかげで徐々に点数も上がっていき、もっと点数を上げたいと思うようになりました。先生方に質問すると、私がしっかり理解するまで、詳しく丁寧に教えてくれました。そして暗記テストをゲームのようにして、真剣にかつ楽しく勉強が出来ました。私が合格することができたのは、友達や家族、学校の先生方、そして夢盟塾の先生方のおかげだと思います。本当にありがとうございました。

錦丘高校合格(2015年 高岡中学卒)

私は夢盟塾に入るまで、勉強への関心がなく、ヤル気もあまりありませんでした。しかし、夢盟塾は勉強する環境が整っていて、先生方の指導もとても分かりやすく、勉強が楽しくなり、高校受験に向かい勉強に集中することができるようになりました。夢盟塾に入り沢山のことを学ぶことができました。そして、志望校の錦丘高校に合格することができて良かったです。本当にありがとうございました。

錦丘高校合格(2015年 緑中学卒)

僕が夢盟塾に入ったのは小学校6年生の時でした。最初、入る前は、厳しい塾だというのを親から聞かされていて、とても緊張していました。しかし、先生も面白い方で楽しく勉強できていました。3年生になると周りの人も点数が上がってきて、自分は焦っていたけれど、そんな中でも自信を持って勉強できたのは、この塾に入っていたからだと思います。これからは、次の目標に向かってもっと頑張りたいと思います。

小松高校合格(2015年 北辰中学卒)

僕は1年生の時に夢盟塾に入りました。最初に塾に行った日、3年生で教えてもらう三平方の定理の授業をしていました。その時、僕はこんな内容を中学1年生で教えるなんてすごい塾だと思いました。その後、英語・理社の一問一答・数学の大量演習など量が多く、とてもきついと思いました。しかし、中学3年の夏くらいからか、塾へ毎日来るようになり、1・2年生の時にしていた演習量が普通になりました。夏休み直後の石川県総合模試では、思うような結果が取れませんでしたが、小島先生が「模試の第4回から5回で夏休み勉強した成果が出る」と予言してくれて、とても嬉しく思いました。その予言の通りになるようしっかり勉強しなければいけないと思いました。そして、その予言どおりに結果が出て、そして最終的に志望校に合格でき、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

金沢大附属中学合格(2015年 もりの里小学校卒)

私が夢盟塾に入ったのは、小学6年生の春でした。塾に入った最初の頃、渡されたテキストの問題が全然分からなくて、泣きそうになった時もありました。けれど、小島先生が優しく分かりやすく教えてくださったおかげで、今ではすぐに解けるようになりました。「中学受験はゴールではない、受験の後の3年間が大切だ」という小島先生の言葉を忘れず、金沢大附属中学での3年間、気を抜かずに頑張って行きたいです。そして、金沢大附属中学校に合格できて良かったな、と思えるような学校生活を送りたいです。最後に、一緒に夢盟塾で頑張ってくれた友達、優しく教えてくださった先生方、支えてくれた家族のみんな、本当にありがとうございました。

錦丘中学合格(2015年 白山市公立小学校卒)

ぼくは作文が苦手でした。何をどのように書けばいいのか分かりませんでした。ですから、自分でも合格を諦めかけました。そんな時に、小島先生から「タイムマシン」という作文のコツを教わりました。それから、ぼくはとてつもなく変化しました。100文字くらい書いたら先に進まなかった作文が、400文字では収まらないほどに書けるようになったのです。入試本番でも、下書きを一切書かずに450文字を書ききり、それでも時間があまり見直しも出来ました。先生からタイムマシンを教わらなければ何も変わらず入試で時間切れになっていたと思います。作文の書き方を教えてくれた小島先生、そして今まで色々な面で支えてくれた家族のみんなに、心から感謝しています。

金沢大附属高校合格のお母さん(2015年)

娘が夢盟塾にお世話になり、もうすぐ5年になります。金沢大附属中学受験の合格発表の日、「今日から高校受験に向けて勉強始めたよ」そう言って当たり前のように勉強に取り組んでいました。合格に浮かれることもなく、ほぼ毎日、塾に通い勉強していました。このコツコツが、きっと大きな力になったのだと思います。自分の中学時代を振り返ると、コツコツ継続して勉強することは、かなり難しいことだと思います。夢盟塾の環境があってこそ、先生たちのご指導があってこそ、娘は継続して勉強できたのだと思います。そして、高校合格が決まった日。合格を塾に報告に行った娘は「今日から高校の勉強を始めたよ」と帰ってきました。これからもきっと娘はコツコツ続けて勉強してくれることだと思います。本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

金沢大附属高校合格のお母さん(2015年)

塾の帰りの車中で「素数って不思議だね」とか「飽和水蒸気って知ってる?」「オリオン座のベテルギウスが消滅するんだって」など、その日勉強した話題について解説してくれたり、二人で夜空を見上げ宇宙の神秘を感じたり、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。学ぶことの楽しさが感じられる瞬間です。また、難問数学の日、「今日は難問があるから早く行きたい」「この日はわくわくする」こんな言葉を聞くと嬉しくなります。この塾を選んで正解だったと。夢盟塾は、受験勉強だけではない、学ぶことの楽しさ大切さを教えてくれる塾だと思います。ご指導いただいた小島先生や講師の先生方に心から感謝申し上げます。

金沢大附属高校合格のお母さん(2015年)

小学校6年生の頃、勉強を楽しく感じられる環境がないものかと考えていた時に、偶然夢盟塾のチラシが新聞に折り込まれていました。その内容から小島先生の熱心さと温かさが伝わり、すぐに入塾を希望したことがつい先日のように感じられます。入塾当初は勉強内容について行けない苦悩もあったと思いますが、小島先生のお心こもるご指導や絶妙な激励のおかげで、帰宅の車内ではいつもにこやかな表情をしているのが印象的でした。中学生になってからも良友に恵まれ、「英語はRくん、社会はKくん、そして数学は僕が問題を作って教え合ったりするんだ!」と日々生き生きと過ごしていました。塾で大切な友人とともに過ごせることも大きな励みになっていたと思います。夢盟塾に掲げられている理念通り、息子は沢山の笑顔を家族に届けてくれました。小島先生特製のプリントに加え、友人同士発信しあう勉強や、時には後輩とともにクイズ形式で競争する「負けられない!」という緊張感など、変化球に富んだ夢盟塾での勉強は息子にとってかけがえのない経験になりました。受験生の母としては初心者のため、自分の方が挫けそうになる事もありましたが、親子共々小島先生の暖かいお言葉に支えていただき、晴れの日を迎えることができました。いつも心の支えになってくださった小島先生をはじめとする諸先生方、笑顔の源である同級生の皆さん、刺激を与えてくださる後輩の皆さん、本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願いします。高校生になっても夢盟塾生活を満喫したいと思います。

泉丘高校合格のお母さん(2015年)

娘の高校受験に当たって振り返ると、まず最初に3年間お世話になった夢盟塾での学習が志望校合格に結びついたことは間違いないと思います。娘は、中1のときに、学校の友達も知り合いもいない夢盟塾に入塾し、親子共に不安でしたが、一ヶ月も経たないうちに、塾に通う娘の表情に笑顔が見られ、家でも塾の話題がよく出て楽しそうに会話してくれるようになりました。そんな塾だからこそ、学習面全てに任せることができ、私は、生活面でのサポートに徹することで、娘は受験に対して最後まで、全力で取り組むことができのだと思います。本当に小島先生やその他の先生方には、受験を通じて勉強以外にも大事なことをたくさん教えていただき、大きく成長したと思います。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

錦丘中学合格のお母さん(2015年)

小島先生ありがとうございました。おかげ様で子どもが希望する学校に合格できました。息子は決して、頭の良い子ではありません。自慢できることは、6年間学校を1日も休まないことで、虫取りやキャンプが好き。暇さえあれば、外で遊んでいるごく普通の子です。そのうえ、字が汚い。明らかに受験向きとは言えない子です。そんな息子が「教室に入りたい」と言ったときは、「ついていけるのか?」「ご迷惑をかけるのではないか?」「勉強ばかりで、息子の子どもらしい面白い一面が消えてしまうのではないか?」など、色々夫婦で考えました。しかし、そんな心配は全く必要がありませんでした。むしろ、息子はとても楽しそうに教室に毎日通います。学校のことは聞かないと話さないのに、お教室のことは自分から話してくれます。それほど楽しかったのでしょう。親の私も仕事の後、市外から毎日通うのは大変でしたが、楽しそうに子どもが通っているのを見ていると、大変と思う気持ちは吹き飛びます。そんなふうにお伝えすると、嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、お教室にお子さんを通わせていらっしゃる親御さんなら、どなたも分かることだと思います。先生と子どもには、計り知れない絆と信頼があって、先生は親も押せない子どもの「スイッチ」を自然と押してくださっているかのようです。これからも、たびたび迷惑をかけ相談にお伺いすると思いますが、親子共々どうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

2013‐14 受験生たちの声

金沢大附属高校合格(2014年 金沢大附属中学卒)

夢盟塾に入塾したのは、中学1年生の6月ごろでした。1年生の時は塾に自習をしに来ることもなく、終了の時間になれば、すぐに帰るという日々を続けていました。しかし、2年生・3年生と塾に通って行くうちに、このままではいけないと思い、少しずつですが、自習に来るようになりました。最初は自習に行くのは嫌でしたが、だんだんと自習に来る時間が増え、自習をしに行くのが当たり前になっていました。授業では、数学の裏ワザや、今まで知らなかった知識を得ることが出来ました。今まで分からなかった問題も小島先生に教えてもらったことで解けるようになったり、苦手だった理科の点数も上げることが出来ました。3年生になってからは受験を意識するようになりました。私は金沢大附属高校に受かることが出来るのか不安で一杯でしたが、小島先生に学力面でも精神面でも助けられました。私は数学がとても苦手で、金沢大附属高校の入試問題の過去問を見ても最初はどれが簡単な問題なのかもよく分かりませんでした。しかし「難しい問題に慣れること」を続けていくことで、どこまでの難易度の問題だったら溶けるのか、つまり「落としてはいけないところで落とさない」ということや、思考を使う問題にも慣れることが出来ました。そして、これらのことを毎日積み重ねていって、金沢大附属高校に合格することが出来ました。本当に今は感謝の気持ちでいっぱいです。小島先生、家族、この一年間支えてくれた人たちに感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございました。

泉丘高校 理数科合格(2014年 兼六中学卒)

僕は中学1年生の時に夢盟塾に入塾しました。初めの頃は、自分が今まで体験したことのない集中しきった環境について行けるのかとても心配でした。毎回の定期テストや実力テストの前には、英語の教科書暗記テストやワークのテストなどがあり、先生に直接テストをしてもらうなどとても良い対策をすることができました。また、自学独習という夢盟塾の方針を実行できたからこそ、テストで良い成績をとれたのだと思います。夢盟塾は演習の量がとても多いです。初めはその意味を全く理解していませんでした。しかし、中学三年生になり、いざ受験勉強がスタートすると、その意義が理解できるようになりました。演習が多いということは、その分、自分の苦手を見つけられる。また、多くの問題を解くことで様々なパターンの問題に慣れることができる。受験生にとって大事なことであり、基本となる事は、「苦手」を「できる」にすることです。そのためには多くの問題を解くことが必要です。それはとても辛く、とても一人では出来ません。しかし塾には、同じ目標を持った仲間でもありライバルでもある友達が沢山います。その仲間たちとともにお互いを磨き上げられたことが、合格の大きな要素であったと思います。また、家族や親族の方々は、熱い応援をしてくださり、心が折れそうなとき支えてくれました。今までずっと支えてきてくれた塾の先生、学校の先生、塾の友達、学校の友達、家族に感謝したいです。今まで本当にありがとうございました。多くの方々の支えで掴み取った子の合格を無駄にしないよう、高校でも頑張ります!

泉丘高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

夢盟塾は、僕たちに落ち着いて勉強が出来る環境を与えてくれました。そのおかげで、自然と塾に通うか椅子が増え、自主学習の習慣がつきました。また、先生が僕たちに与えてくれた質の良い問題のおかげで、成績がぐんと上がりました。そして、夢盟塾には様々な流儀がありました。「あいさつをしっかりしろ」「支えてくれた人に感謝しろ」など、学習面だけではなく、これから社会に出て行く上で大切なことも学びました。そういった夢盟塾の流儀は、僕たちのメンタルを強くしてくれました。このように学習面と精神面で鍛え上げてくれたおかげで、僕は泉丘高校に合格することができました。僕を合格まで導いて下さった先生方、本当にありがとうございました。また、僕を支えてくれた家族や互いに切磋琢磨した塾の仲間たちに、とても感謝しています。みんな、ありがとう!そして、夢盟塾サイコー!!

泉丘高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

私は小学5年生の時に夢盟塾に入塾しました。それから5年間という長い間、夢盟塾と小島先生には本当にお世話になりました。夢盟塾では勉強面でたくさんのことを学習しましたが、それ以上に、人としてするべきことや、社会に出て必要なことなど、大切なことを多く学びました。受験までお世話になり、結果として泉丘高校合格という自分の第一志望に導いてくれたk島先生、本当にありがとうございました。また、受験生としての大切な一年間を支えてくださった他の先生方も、本当にありがとうございました。最後に、私のことを一番に考え、受験を応援してくれたお母さんお父さん、本当にありがとうございました。高校生になっても夢盟塾生として大学進学を目指して頑張っていきたいです。

泉丘高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

僕は小6の冬に夢盟塾に入塾しました。入塾する前は、塾なんて絶対入りたくないと思っていました。でも、入ってみると、夢盟塾の集中環境に圧倒され、自分と同じ年の塾生が勉強している光景を見て驚きました。また、一番最初にやったプリント演習では枚数の多さにも驚かされました。これが夢盟塾の大量演習かと思う一方で、通い続けることでそれにも慣れて、問題を解くスピードも変わりました。小島先生は、時には面白い講義でみんなを笑わせたり、時には厳しく指導したりしてくれて、とても頼りになる先生でした。先生は、勉強面だけではなく、礼儀や挨拶を大切にする心なども教えてくれて、生活面でもお世話になりました。夢盟塾の方針は自学独習であり、この中学の三年間、先生に教わったおかげで、自学独習の力が身に付きました。そして、泉丘高校に合格することができました。この合格は、先生の支えや両親の支えがあって得ることができました。とても感謝しています。ありがとうございました!

泉丘高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

昨年の春、受験生は厳しくて大変だと言われ、頑張らないといけないと決心したことを思い出します。これまでの1年間、大変でしたが、夢盟塾の先生方の支えがあってここまで来られたのだと思います。そして夢盟塾の先生方には勉強面は勿論のこと、精神面でも支えられてきました。途中くじけそうになった時も、先生方の言葉に励まされました。途中諦めそうになった時も、先生方の、生徒の希望する道へ進ませたいという強い思いに、胸が熱くなりました。泣いたり笑ったりと中学校3年間の中でも特に色々な事があった年でしたが、受験生の一年間は、ただただ辛くて苦しいものというものではありませんでした。受験は本来、あまり楽しいものではないと思います。ですが、夢盟塾でのこの一年間は、受験への長い挑戦として明るく向き合うことができました。そして、この挑戦を成功という形で終えることができて、本当に嬉しかったです。これから今までよりももっと大変なことと出会うと思います。ですが、この挑戦に立ち向かい、続けられたことは大きな自信になると思います。この1年間色々な事がありましたが、本当にありがとうございました!

泉丘高校合格(2014年 城南中学卒)

私は、中学校1・2年生の時はあまり勉強していませんでした。テスト前にワークをするくらいで、自分から進んで勉強するタイプではありませんでした。しかし、夢盟塾に来て「自学独習」のスタイルを学びました。学校が終わった後や、休日も、自習のため毎日塾へ行きました。そうすると、成績も少しずつあがっていきました。そして、泉丘高校に合格することができました。何か特別な勉強をしたわけではありません。毎日コツコツ勉強を頑張ることで成績は上がる、ということを、夢盟塾に入り学びました。大学受験は高校受験よりもっと勉強が大変になります。夢盟塾で学んだ「自学独習」のスタイルを活かして、大学入試も頑張ります。

二水高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

私は、夢盟塾には2年生の終わりごろからお世話になっていました。最初の頃は、授業の日だけ塾に来ていたけれど、周りの友達を見て、だんだん自習にも来るようになりました。自分で問題を解いてみて、分からないところを先生に質問する、という夢盟塾の勉強方法が私には合っていたので、1年間続けてこれたのかなぁと思います。自習をする姿勢が身に付きました。夏期講習、冬期講習、入試が近い日はとても辛くて、猛勉強するのが嫌だ、と思ったことが何回もあったけれど、先生や家族に励まされて乗り越えることができて、今は達成感でいっぱいです。こうして今、入試を終えて、二水高校に合格できたのは、夢盟塾で勉強することができたからです。勉強だけではなく、あいさつや礼儀など、夢盟塾で学んだことを活かしてすてきな高校生になります。本当にありがとうございました!!

二水高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

私が夢盟塾へ入ったのは、2年生の終わりごろでした。塾に入ったばかりの頃は、学校のテストでいつも平均点ぐらいしかとれませんでした。でも、この塾に入ってから毎日のように自習に来て勉強していると、苦手だったところが少しずつ減ってきました。夏休み明けからは、平均点以上をとれることが当たり前になっていきました。でも、途中で勉強が嫌になったりすることがあったりしたけれども、塾の先生、学校の先生、両親に支えられてここまで来ることができました。冬休みに朝から塾へきて夜に帰ったりしていたので、とても大変でしたが、最後まであきらめなかったから二水高校を合格することができたのだと思います。本当にこの塾で勉強できたことがとても良かったと思います。

二水高校合格(2014年 兼六中学卒)

「夢盟塾は、泉丘・二水・桜丘の合格率が高い」という評判をインターネットで見て、入ろうと決めました。7月ごろに受けた模試では、今まで見たこともないような低い点数を取ってしまったこともありましたが、そのときは小島先生が「低い点数を取ったということは、それだけ自分が埋めるべき穴〔ミス〕が分かったということだ」と言ってくれて、その穴を埋めて、次は絶対良い点数を取ってやる!と前向きな気持ちになる事ができました。それからは点数が上がってきました。そして二水高校に合格できました。大量に演習をして、とても辛いこともありましたが、時には厳しく、時には優しい指導で有意義な受験生としての生活を送ることができたから、勝ち取ることができた合格だと思います。勉強は勿論だけれど、人としての礼儀や挨拶の習慣を身に付けることの大切さを教えてくれた小島先生をはじめとする夢盟塾の先生方、本当にありがとうございました!

二水高校合格(2014年 高岡中学卒)

僕が夢盟塾に入ろうと思ったのは、テストの点数が悪くなってきたからです。僕は入塾が遅かったので、今から間に合うか不安でしたが、苦手だった数学の点数が伸びたので、私立・公立ともに合格することができました。僕は最初、どの塾に行くか悩んでいたけれど、夢盟塾を選んでよかったと思います。僕を合格させてくれた先生方、本当にありがとうございました。これからは、大学進学を目指して頑張りたいと思います。

錦丘高校合格(2014年 金沢大附属中学卒)

僕は3年生で入塾しました。受験のために過去問であったりと色んなことをして、苦手をなくそうと必死でした。毎日塾に行き、時には自習で本部校へ行くこともありました。それらの中で先生方の指導によって、苦手なところが少しずつ克服されたと思います。受験の少し前の日には先生方からの応援をいただき、本番ではそれを支えに頑張ることができました。高校受験は、あくまで通過点です。将来、自分がやりたいことを出来るように一生懸命頑張りたいと思います。

金沢西高校合格(2014年 紫錦台中学卒)

私は夢盟塾に、中学2年の2月に入りました。入塾したばかりの時は緊張していて、ビクビクしながら勉強をしていました。しかし、時が経つにつれて、リラックスした中で勉強することができました。3年生の夏期講習では、1日に10時間以上勉強するということがとてもきつく、大変でした。でも「合格するため」と思いながら頑張りました。夏期講習が終わっても、毎日、弁当を持って学校から直接塾に行きました。正直、ご飯を食べながら勉強するのは、とても辛かったです(笑)。自習の時間には、分からないところを先生が細かく分かるまで教えてくださいました。冬期講習では朝の9時から夜の10時まで塾にいるということがたえらせず、「行きたくない」という思いはありましたが、一生懸命頑張りました。冬期講習が終わると、いつのまにか、自習を当たり前のようになっていました。夢盟塾で受験勉強して、心も強くなれたと思うので、よかったです!本当に有難うございました!

金沢大附属中学校合格(2014年 夕日寺小卒)

私が初めて塾に入ったところが夢盟塾でした。6年生の6月だったので、正直今からでも間に合うかな?という不安で一杯でした。塾に入ってからは、とにかくみんなについて行くことで必死でした。ときには「勉強が嫌い」と思う時もありましたが、毎日塾に行くたびに、自分の成績が上がっていくのが実感でき、塾に行くのが楽しくなってきました。学校から帰ってきてみんなが遊んでいるのを見ると、うらやましい!!と思いましたが、自分が「受験」という道を選んだのだから、と毎日頑張りました。塾ではいつも小島先生の言葉に励まされていました。勉強だけではなく、メンタルの部分でも弱かった私は、いつも小島先生に背中を押してもらっていました。先生の言葉を信じ、日々努力。そのおかげで、金沢大附属中学に合格することが出来ました。小島先生をはじめ、家族のみんな、私を応援してくださった方々、本当にありがとうございました。「合格」がゴールではなく、今からスタート!という先生の言葉を胸に、また頑張っていきたいと思います。そして、大人になっても中学受験をしてよかったと思える、充実した中学生活を送っていきたいです。

金沢大附属中学校合格(2014年 夕日寺小卒)

私は、金沢大附属中学校を受験して、「夢盟塾の勉強は良いな。」と思いました。算数の大量プリント。国語は問題の解説、要約。社会や理科は、暗記や講義、豆知識。どの教科も大変・・・と思う時はありましたが、やるたびに成績も上がり、自分でも知識が増えていくのが分かるくらい学ぶことが出来ました。そして「できるまでやる!!」先生のこの言葉にいつも背中を押された私は、勉強法だけではなく言葉での応援も受け、「合格」という文字にたどり着くことが出来ました。小島先生、私を支えてくれた周りの方々、家族に本当に感謝したいです。ありがとうございます。

金沢大附属中学校合格(2014年 南小立野小卒)

私は、初めて塾に来た時、周りの人の勉強量とスピードにビックリしました。みんな、たくさんのプリントを短期間でやっていて、私は置いていかれてしまいました。私が受験をすると決めたのは、少し遅い時期だったので、もっと頑張らないといけないのに、全然やる気が足りなかったことに気付きました。それからは、たくさん努力をしました。解ける問題が増えると、嬉しくてやる気が出ました。分からない所があっても、質問すれば分かりやすく説明してくれたので、やる気を削がれずに頑張ることが出来ました。それでも、やっぱり友達と一緒に遊びたくなってしまうことがありましたが、金沢大附属中学に行きたいと言ったのは私だ、と我慢して勉強をしました。塾では面接の練習もしました。人前で話すのが苦手な私はとても助かりました。また、試験での時間の使い方なども教えてもらいました。受験本番で、それまで努力してきたことや、教えてもらったことを、最大限発揮できたから、合格できたのだと思います。でも、合格したから終わり、ではなく、今からがスタートなので、受験を頑張って良かったと思えるような中学校生活にしたいです。

金沢大附属中学校合格(2014年 泉野小卒)

ぼくは中学受験をして、支えてくれた人に感謝をしたいです。まず感謝したいのは、小島先生など夢盟塾の先生です。夢盟塾に入った時は、とても難しい問題をたくさんやっていて、ぼくにできるかなどと不安になりました。だけれど、先生の分かりやすい説明で問題を理解することが出来ました。これを繰り返していくうちに、自分から勉強をする姿勢が身につきました。この、自分から勉強をする姿勢が身についたから、金沢大附属中学に合格できたと思っています。だから、夢盟塾に感謝したいです。次に感謝したいのは、両親です。受験までいい環境が保てたのは、応援してくれた両親のおかげだと思います。そして、受験をするまでずっと塾の送り迎えなどを、ぼくのためにしてくれて本当に感謝をしたいです。このようにぼくは、色々な人の支えがあったから合格できました。本当にありがとうございました。

金沢大附属中学合格のお母さん(2014年)

本当によく頑張った8ヶ月だったな、と受験が終わった今でも、娘の成長に涙が溢れそうになります。決して早くはなかった入塾。周りの同級生は自分より勉強が出来る子ばかり。今まで感じたことがなかった焦りから、入塾してしばらくは、塾から帰ってくると娘はきまって不安を口にしていました。私はそんな時、どんなに忙しくても「うんうん」と聞くようにしました。自分で受験を決め、入塾を懇願した娘でしたが、不安と焦りで一杯だったと思います。「お母さん、あのね・・・」と娘が口に出せるよう、そして不安な気持ちを受け止めてあげるよう努めました。誰かに気持ちを理解してもらえると、子どもでも、いや純粋な子どもだからこそ、なお前に踏み出せるのかもしれません。出来るよ、頑張れ!口には出さず、心でエールを送る事しかできません。あとは小島先生にお任せでした。入塾して2ヶ月も経った頃から、「問題を解くコツが解った!」と言うようになり、その後は、解った!解った!の連発でした。そして娘のヤル気アップの原動力は、小島先生にたくさんの言葉をもらったことに尽きると思います。反抗期真っ盛りなこの時期、親以外の大人が掛けてくれる言葉は本当によく利きますね(笑)。まして心の底から、先生はあなたを応援しているよ!の熱いメッセージは、娘の心に直球で届いていたことでしょう。娘が夜遅くまで残っていると「お疲れさま」と声を掛けてくださったそうですね。先生の方が疲れているのに、私に声を掛けてくれたと娘から聞き、改めて先生の生徒に対する思いやりを感じました。厳し中にも温かい先生と、夢盟塾の環境が娘にピッタリでした。環境と言えば、小島先生からの授業風景の写メ。正直驚きました。長机に子どもたちが所狭しと並び、プリントに向かって一生懸命何か書いているものでした。よく見ると小学生と中学生が入り混じって並んでいます。娘いわくそれが夢盟塾の良さだそうです。高校受験を控え、猛勉強している先輩達の頑張りを肌で感じ、また金沢大附属中学に通っている子から「頑張ってね。附属に来てね」と声を掛けてもらい、励みになったようです。多くの塾の中で夢盟塾に出会えたこと、小島先生はじめ塾生のみなさんに心から感謝申し上げます。

金沢大附属中学合格のお母さん(2014年)

塾までは毎回、車で送迎していました。入塾当初より知り合いがいないのにもかかわらず、楽しそうにしていました。それが、私にとってとても嬉しかったし、安心できました。感じ取る塾内の雰囲気がとても心地よかったのだとすぐに思いました。子どもがいつも車に乗り込むときはニコニコしていたのが印象的です。特に帰りの車中では、今日塾であった楽しかったことをよく話してくれました。私がしてきたのは、子どもの話をよく聞いたことではなかったかな、と思います。会話をする中で、子どもの気持ちが安定していることがよく把握できました。受験日が迫ってきても、焦ることなく落ち着いた様子で、毎日を楽しんでいるようにも見えました。そのような良い精神状態で受験当日まで迎えることが出来た塾の環境に、深く感謝しております。すべての習い事をやめて、中学受験に力を注ぐべきか?など先生にはいろいろと相談に乗っていただきました。そのたびにアドバイスいただき、結果、習い事は辞めずに合格させていただきました。小島先生はじめ、応援してくれた塾の友達、皆様の支えあっての合格だと思っております。心から感謝申し上げます。

金沢大附属中学合格のお母さん(2014年)

中学受験は、姉に続き2人目の挑戦でした。受験を決めてからのんびりマイペースに勉強していましたが、姉のときと比べると時間も量も内容も、合格するには難しいレベルのものでした。夢盟塾へ行き、周りの受験生が勉強しているのを目の当たりにして、ようやくヤル気になった感じです。ヤル気のないときは「勉強しなさい」と声をかけても「何をしていいか分からん」と、なかなか進まないのですが、塾で具体的に「こことここを勉強」と指示していただけたのはとても良かったと思います。また、周りが勉強している塾では、TVやマンガの誘惑もなく集中して勉強できたようです。私自身には中学受験の経験がなくアドバイス等は何も出来なかったのですが、夢盟塾で〝集中すること”〝勉強+面接+心がまえ” をしっかり指導していただき、無事に合格できたのだと思います。ありがとうございました。中学に入学すると、勉強は難しくなり、継続して勉強することは更に難しくなると思いますが、合格におごることなく、頑張ってほしいと思います。今後ともよろしくお願いします。

金沢大附属中学合格のお母さん(2014年)

「番号あった~」「よかったね!!」と喜びの合格発表を迎えたことが、まだ夢の中のようです。振り返ると、毎回楽しそうに塾へ行き、成績も伸び、また楽しくなる、の繰り返しでした。子どもは「塾は楽しいけど大変。大変だけど楽しい。」と言いながらの通塾でした。学習面では全て塾にお任せしていたので、家にいる時はたまに宿題をするくらいで、のんびりと過ごしていました。塾では勉強、家ではのんびりと、ON・OFFを使い分けているのかもしれません。私が受験に向けて子どものためにしていたことは、「いつも通りの生活を送れるようにする」ことです。入試日が近づいてくると、いろいろと特別なことをしたくなりました。言いたいこともたくさんありました。が、子どもにとっては、普段通りの生活が一番落ち着くだろう、と思い、いつものご飯を食べ、いつも通り雑談をし、いつもの時間に就寝。当日のお弁当も子どもの希望を聞き、普段よく作るおかずにしました。もう一つは、ちょっと大袈裟ですが、「私がやりたいことを頑張る」ことです。仕事に料理に・・・その姿を見て、何かを感じてくれればと思っています。受験を終えて、人間としても一回り大きく成長したように思います。このようないい環境を与えてもらい、小島先生にはとても感謝しています。ありがとございました。そして、これからもまたよろしくお願いいたします。

2012‐13 受験生たちの声

金沢大附属高校合格(2013年 金沢大附属中学卒)

入塾した頃の私は勉強がとても嫌いでした。3年生になると毎日10時まで塾で勉強することになりました。最初はとても苦痛で、早く帰ることばかり考えていました。ところが、そうしているうちに、塾へ通うことを楽しみにしている自分がいることに気が付きました。夢盟塾では、気難しい勉強だけではなく、先生の授業が面白かったり、仲間と一緒に考えたり、ということもありました。私は夢盟塾という場所に、楽しさを見つけることができたのです。そのことに気付いてからは、毎日の塾が嫌ではなくなり、「勉強をもっと楽しんでみよう」と思うようになりました。今では、問題を解けたときの達成感や、興味深いことが分かったときの嬉しさを感じることができます。勉強に嬉しさを見出すなんて、入塾時の私には考えられませんでした。こんな私になれたのは、夢盟塾があったからです。念願の金沢大附属高校にも無事入学が決定し、今は感謝の気持ちでいっぱいです。こじま先生、ありがとうございました。

泉丘高校合格(2013年 兼六中学卒)

僕は小学6年の時に入塾しました。当時の僕は、学校の簡単なテストで満点を取ることに満足していました。だから僕は、勝手に自分の頭がいいものだと勘違いしていました。そんな時に、小島先生の喝が入りました。先生の言葉は、厳しいながらも温もりがあり、いつも生徒のことを思っているのが伝わりました。きつい時は、先生の言葉を思い出すことで、勉強がはかどりました。そのおかげで僕は、泉丘高校に合格できました。親や学校の先生など色んな方にお世話になったけれど、誰よりも小島先生に伝えたい言葉があります。「ありがとうございました!」

泉丘高校合格(2013年 兼六中学卒)

僕は、一人で勉強するのは辛いだろうと思って塾を探しました。それで見つけたのが夢盟塾。初めて足を運んだ時、塾生はみんな笑顔で迎えてくれました。塾長も大人っていう感じがせず、なんか子供みたいだな、っていうのが第一印象で、この塾でやっていくのが楽しみだと感じました。それから一生懸命勉強して、模試も受けたけれど、今になって思い出すのは勉強で苦しんだことより、笑いあったことです。合格祈願の雪だるまを作ったり・・・。全部いい思い出、素晴らしい思い出ばかりです。こうやって書くと勉強しなかったみたいだけれど、勉強も結構やりました。合格できた時の笑顔は最高でした。夢盟塾最高!!

泉丘高校合格(2013年 城南中学卒)

入塾前は「勉強はするものではない、感じるものだ」という変な哲学みたいなものを掲げていました。でも、入塾して、ようやく気付くことが出来ました。「勉強は感じるだけでは進歩がない。努力と感謝の先にあるものだ。」ということに。これをもっと早く気付けたら良かったなと思います。そして、このことに気付かせてくれた小島先生。おもしろくて人生においてたくさんの経験をしている先生で、尊敬してやまない人です。感謝はし尽くせないので、一言だけ。お世話になりました。ありがとうございました。

泉丘高校合格(2013年 城南中学卒)

僕は、夢盟塾に入る前、受験を舐めていました。学校の定期テストでそこそこ点数が取れていたからです。しかし入塾して、僕は自分の考えの甘さに気付きました。本気を出すのがとても遅かった僕が泉丘高校に合格できたのは、集中できる環境があったからです。先生からいただいた教材をしっかりやったからです。もし夢盟塾に入っていなかったら、泉丘はおろか、二水、桜丘も危うかったと思います。夢盟塾で仲間たちと勉強することができて本当によかったです。先生、本当にありがとうございました。

泉丘高校合格(2013年 金沢大附属中学卒)

僕は中1の成績の低迷から回復できず、大手塾に行ったものの失敗していました。何とか低迷を打破するために「気分一新」ということで夢盟塾を選びました。事前の評判から「とても恐ろしい塾」と思っていました。戦々恐々しつつ教室のドアを開けると、意外と明かるい雰囲気で少し拍子抜けしました。授業も和気あいあいで、また拍子抜けしました。授業では「連立方程式の利用」で、とてもためになる素晴らしい授業を聞かせていただきました。塾から家に帰る途中、心の琴線に触れたのかとても良い塾だと思ったため、入塾を決めました。入塾してからも先生には高い質の演習をさせてもらい、同じく質の高い授業を聞かせてもらいました。ユーモアある授業に本当に引き込まれていきました。今まで支えてくださった先生、本当にありがとうございました。

泉丘高校合格(2013年 野田中学卒)

勉強のさぼり癖がついてしまった僕は、それを治すためにも厳しいことで有名な夢盟塾に入ろうと決めました。中3の冬期講習はとてもきつかったです。1日8時間、私語なしでひたすら問題をこなす。しかし、そのおかげで冬休み明けの統一テストでは良い点を取ることが出来ました。そして、公立高校入試までさぼることなく勉強することが出来ました。夢盟塾は、金大附属や公立上位校を目指す人にとってはとても良い塾だと思います。一緒に頑張る仲間や先生、その他にも受験で戦っていくために必要なものが揃っています。あとは本人のヤル気さえあれば、どれだけでも成績を伸ばすことが出来る塾です。

二水高校合格(2013年 城南中学卒)

私は入塾前から勉強が好きではなく、成績も下がってきていました。家でも勉強していなく、このまま受験をしても大丈夫なのか、と心配していました。そこで、2年生の終わりから夢盟塾に通うことに決めました。夢盟塾へ入ってからはほぼ毎日塾に通い、勉強に励みました。途中、成績が伸びず、志望校がなかなか決まらず、「合格できるのか」と悩み考える日々が続きました。でも、夢盟塾のみんなと小島先生の教えのおかげで成績は持ち直し、最後まで全力を尽くすことが出来ました。ありがとうございました。

二水高校合格(2013年 野田中学卒)

私が夢盟塾に入ったのは、中2の4月からです。元々勉強が嫌いで、点数は平均点ギリギリでした。塾に入ると、問題の演習量はめちゃくちゃ多いし、すごいスピードで予習をしていて、正直心が折れそうでした。しかし、すぐに塾を辞めるのは悔しかったので、私は必死についていきました。中3になり、私はそれまで以上に勉強に力を入れました。その結果、11月の統一テストで点数が一気に上がりました。その時はすごく嬉しかったです。志望校を二水にしたとき、両親は私に志望校を下げるように言ってきて、それで何度も両親とぶつかりました。親の反対を振り切って二水を受けて合格することが出来て良かったです。二水に合格できたのは、夢盟塾で頑張った2年間があるからです。努力の姿勢や根性で頑張ります。入った塾が夢盟塾で本当によかったです。

石川高専合格(2013年 兼六中学卒)

夢盟塾に入るまでは、とある通信教材に頼っていましたが、あまり結果が出ず、友達に誘われて入塾しました。その時、成績もテストの点数も中の下くらいでした。しかし、入塾後は暗記や演習を積み重ね、点数は少しずつ上がっていきました。小島先生はいつも生徒のことを考えてくれていて、テストのコツを授業でいつも面白おかしく教えてくれました。時には厳しく注意もしてくれました。他の塾ではあまり見かけられないこともよくしました。合格祈願のお菓子を食べたり、驚くほど大きなお守りをくれたりしました。そして、第一志望の学校に合格しました。小島先生、色々とありがとうございました。

桜丘高校合格(2013年 紫錦台中学卒)

入塾した最初の方は、あまり勉強していなくてもいい点を取ることが出来て、勉強というものを舐めていました。しかし、3年になり、みんなが部活から引退し、どんどん危機感が生まれ、自分は今危ない、ということを思いました。そんな時、夢盟塾は集中して勉強できる環境にありました。もし僕が夢盟塾に入塾していなかったら、桜丘高校に合格していなかったと思います。こうして集中することが出来た夢盟塾に、感謝しています。熱心に指導してくれた小島先生にも感謝しています。ありがとうございました。

金沢大附属中学校合格(2013年 米丸小卒)

私は1年前、金沢大附属中学校を受験しようと決めましたが、どうしていいか分かりませんでした。どんな問題が出るかということや、どんなことをすればいいかなど、何もわからなくてすごく不安でした。でも、夢盟塾に来ることになってからは、先生を信じて一生懸命頑張ってきました。難しい問題や長時間の冬期講習など、大変なこともたくさんありましたが、それが自信に変わり、金沢大附属中学校に合格することが出来ました。いろいろ教えてくださった先生に感謝し、3年後、受験して良かったと思えるような中学校生活を送りたいと思います。これからもよろしくお願いします。

金沢大附属中学校合格(2013年 泉野小卒)

私が金沢大附属中学校に合格できたのは、夢盟塾の先生のおかげです。熱心に分からない所を教えてくれたり、親身になって受験当日の日程や朝食のメニューなどを教えてくれたりしました。これからも頑張って、高校受験に向かって一生懸命に夢盟塾の先生について行きたいです。これからもヨロシクお願いします。ありがとうございました!

金沢大附属高校合格のお母さん(2013年)

受験生の親として手記を書いてくださいと言われたものの「特に何もしていない」「100%小島先生にお願いしていた。」というのが本音です。ですが、娘に私が、あえて「したこと」をあげるなら・・・。まずは、とにかく「自分の毎日を楽しむ」こと。仕事をバリバリ楽しむ、趣味に勤しむ、友人と会う。娘のために仕事の時間をずらしたり、やりたいことを我慢したりはしませんでした。よく「受験生の親は大変」と言われるのは、受験生のために周りがやりたいことを我慢しても環境を整えないと、という考えから来ていると思います。ただ、当の本人にしてみると「?」です。私が受験生だった時、親は関与していなかったですし、されていたら「ありがた迷惑」だったことでしょう。もう一つは「娘が喜ぶことを考えて自分も楽しむ」こと。趣味がお菓子作りですので、帰ってくる娘のリアクションを楽しみに、よくお菓子を作りました。最後は「中学生なりのスキンシップ」でしょうか。あまり公に書くことではないのでしょうが、甘えたいときに甘えてもらうことは、赤ちゃんの頃から形は違っても変わってないように思えます。3点のことを書かせていただきましたが、どれも受験生の親だからしていたのではなく、ですので、受験生の親としては「特に何もしていない」というのが答えです。その分、勉強に関しては、夢盟塾の自主性を重んじてコツコツ努力することを基本とし、周りの友人たちと助け合い、切磋琢磨できる環境に全てをゆだねていました。小島先生ご自身も「塾の先生」をとてもとても楽しんでいらっしゃる方ですので、娘にも「楽しむ大人の姿」を身近に感じてもらえ、信頼してお任せしていました。最後になりましたが、決して真面目に通塾していたわけではない娘を、黙って見守ってくださり、合格に導いてくださった小島先生、本当にありがとうございました。

泉丘高校合格のお母さん(2013年)

3月14日、合格発表の日。緊張して泉丘高校の門を息子とくぐったことを思い出します。「大丈夫、きっと大丈夫」と心の中で呟きながら、合格番号の一覧の中に息子の番号を見つけた時、今まで頑張ってきた息子の姿が目に浮かび、感無量になりました。思い返せば、夢盟塾にお世話になったのが中2の4月からでした。中1の時には大手の塾にいたのですが、成績が思うように伸びず、友人との関係にも悩んでいたので、何とか今の現状を打開したいという思いから、夢盟塾に入塾しました。その後、勉強や部活動に取り組んでいき、中3の時には県体にも出場しました。また、夜には小島先生のもとで遅くまで頑張っていました。時には23時が過ぎ、小島先生に自宅まで送っていただき、本当に頭の下がる思いでした。小島先生の、時には優しく、時には厳しいご指導のもと、何とか無事に合格することが出来ました。有難うございました。そして今、新しく始まる高校生活に向け動き出し、一回り成長した息子の姿を頼もしく感じています。しかし、これからが勝負。この先も、周囲の人たちに対する感謝の気持ちを忘れず、夢に向かって歩いていってくれることを願っています。最後になりますが、親子共々、あらゆる面で支えていただき、お力添え頂いた小島先生に、心から感謝いたします。本当に有難うございました。

2012以前 受験生たちの声

金沢大附属高校合格(2012年 高岡中学卒)

入塾するまでは、僕はあまり勉強に集中せず遊んでばかりだったので、親に行かされたという感じで入塾しました。でも夢盟塾は勉強に集中できる環境が整っていて、先生も分かりやすく教えてくださったので、とても充実した勉強ができました。そのおかげで僕は、一番行きたかった金沢大附属高校に合格することが出来ました。僕は、これからも夢盟塾で身に付けた勉強の習慣をしっかりと続けていきたいです。分かりやすく教えてくださった先生方、支えてくれた両親には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

金沢大附属高校合格(2011年 城南中学卒)

親に行けと言われて来た夢盟塾。噂では凄く厳しいと聞いていたので、正直来たくありませんでした。でも入ってみて、良い雰囲気の塾だと思いました。僕の通っていた中学は、あまり授業に集中できない雰囲気だったので、なおさらそう思いました。確かに厳しいけれど、嫌な感じの厳しさではなく安心しました。演習中心というスタイルも新鮮に感じました。中3夏休みは必死に社会理科の用語を覚えてテストをしまくるということをやりました。先生が言った質問に全員でボードに書き込み答える、といったテストでした。一人でも間違えると同じ単元を繰り返しテストするというゲーム的要素も入っていました。誰かが珍解答をしたり、「弥生」という漢字をど忘れしたり(これは僕)とても面白かったです。

金沢大附属高校合格(2010年 野田中学卒)

私は中学1年の頃から金沢大附属高校合格を意識してきました。ですから、部活は運動部に入っていましたが、できるだけ毎日自習に来るようにして頑張りました。金沢大附属高校の試験は数学と社会が他の教科と比べてとても難しいです。そのため、それ相応の対策が必要です。しかし、その対策を塾でしたおかげで、その2教科も合格できる点数を取ることが出来ました。話は変わりますが、私は校内で何番くらいの成績だったと思いますか?平均点以下ではありませんが、決して1番とかではありません。ですが、しっかりと対策を立てれば、校内で1番ではなくとも合格できます。私の合格が証明していると思います。ですから、1番ではない、と嘆いている方も、夢盟塾でしっかり対策を立てれば大丈夫です。

泉丘高校合格(2011年 紫錦台中学卒)

中3の夏期講習で毎日塾に来るようになってから、塾で仲間とともに勉強することが当たり前のようになりました。それからは自然と毎日塾へ行くようになり、小島先生とも仲間とも毎日顔を合わせるようになりました。それは、自習しやすく質問しやすい環境と、親しみやすく頼りになる小島先生、仲がよくお互いに励ましあえる仲間の存在があったからだと思います。自習しに行かず、家でゲームしたりマンガを読んだりしたいと思うときもあるだろうけれど、そんな気持ちに打ち勝ってどれだけ自習しに来れるかが、すごく大事なのだと思います。もちろん夏期講習や冬期講習での勉強量、授業で出されるプリントや宿題の量はハンパなく多かったです。けれどもその大きくて分厚い壁を越えて、ひたすら毎日自習をしに来たことが実って、良い結果を残すことが出来たのだと思います。

泉丘高校合格(2011年 兼六中学卒)

中3の夏休みは主に理社暗記と単元ごとの数学プリントをしました。そのおかげか、夏休み明けのテストの点数はとても良いものでした。夏休み後も自習は毎日行くようにしました。すると学校のテストの合計点も、だいたい平均点+120点をキープすることができました。この1年間私はずっと塾で自習をしていました。時々全然ヤル気が出なくて、塾に行きたくないような日もありました。でも夢盟塾はいつでも集中しやすくて落ち着ける空間だったので、塾に来てしまえば頑張って勉強することが出来ました。私はこの受験勉強から、たくさん問題を解いたり、何回もできなかった問題に取り組んだりすることが学力アップにつながるのだと思いました。

泉丘高校合格(2011年 金沢大附属中学卒)

僕が夢盟塾に来て一番良かったと思うことは、自習の習慣がついたことです。この塾には幅広いレベルに対応した教材がたくさんあります。そして分からない問題があれば、すぐに先生に質問出来ます。つまり、自習の環境がかなり整っているのです。最初は自習に行かなかった僕も、自習に行くようになるとドンドン成績が上がっていき、泉丘高校に合格できるレベルまで成長することが出来ました。それもこれも、夢盟塾と小島teacherのおかげだと思います。夢盟塾最高!!

泉丘高校合格(2011年 金沢大附属中学卒)

私は1年生の頃、ほとんど勉強をせず、2年生になりやっと夢盟塾に来て勉強を始めました。最初の頃は、あまり自習にも来ないで遊んでいました。しかし3年に近づくにつれ、塾に自習に来て、もっと頑張ろうという思いが強くなりました。3年生になってからは毎日自習に行き、目標に向かって一生懸命勉強しました。私にとって塾で自習をすることは、とても大切なことです。授業はとても分かりやすく、内容が深いので、とても楽しかったです。そして3年の冬期講習では、たくさんの問題を解きました。そのたくさんの問題が自分の自信へとつながりました。夢盟塾のおかげで受験への第一歩のきっかけを作り出せたと思います。私はこの塾でとても成長することが出来ました。

泉丘高校合格(2010年 城南中学卒)

 ①自習・質問がしやすい

学年などによってスタイルは違うけれど、自習ブースがあったり自分の席があったりして、塾が開いていればいつでも自習が出来ます。先生も授業の合間に質問に答えてくれるし、友だち・先輩に分からない所を聞いてもいいです。家より勉強モードONにしやすいので、自習はたくさん来たほうがいい!!来ないと小島先生が寂しがります(笑)。

 ②色んな情報をもらえる

先生は色んな情報をもっています。今年の高校受験の倍率も、小島先生の予想が大体当たっていました。疑問に思ったことは訊いてみるといいです。他にも役立つことも聞けるかも?

泉丘高校合格(2010年 紫錦台中学卒)

私は2年生の時から夢盟塾に来ました。夢盟塾で受験勉強をしてよかったのは、周りの友達と一緒に勉強を頑張れたことです。刺激しあえる良い友達がいて、意欲もわきました。みんな目標も高く、そしてテストの点数も高かったので、「負けたくない!」という気持ちで頑張りました。また、小島先生に質問すると、何でもすぐに答えてくれるという環境も良かったです。疑問が残ったまま次の授業に、ということがなく、とてもスムーズに学習を進められました。そのおかげで私は泉丘高校に合格できましたが、合格したことはゴールではなく通過点なので、これからもっと頑張ります!

泉丘高校合格(2010年 額中学卒)

僕は泉丘高校に合格するために、

 ①学校のテストや模試でケアレスミスをしないように心がけた!

 ②疑問はその日のうちに塾の先生に聞いて解決した!

 ③後で見てよく分かるように塾の授業をノートにシッカリ写す!

 ④夢盟塾で○○○を作り、解いたことでラストスパートをかけた!!(極秘)

以上のことを入試まで夢盟塾で徹底的に実践することで、僕は合格できるレベルの実力をつけていきました。次に受験する中学生たちのアドバイスになれば、と思います。

二水高校合格(2010年 城南中学卒)

夢盟塾のいいところ

☆質問したいときにすぐ聞ける☆

 ⇒分からない所をそのままにして、どんどんわからなくなるのをストップ!!

☆テキストがたくさんある☆

 ⇒苦手なところを徹底的に練習して得意にすることが出来る!!

☆講義形式ばかりでなく、演習スタイル☆

 ⇒入試で大切な実戦力が身に付き、得点アップに直接つながる!!

二水高校合格(2009年 紫錦台中学卒)

合格への道のりは長く苦しいものでしたが、それを乗り越え二水高校に合格できたことが本当に嬉しいです僕が真面目に勉強し出したのは、部活が終わった7月でした。その時から二水高校に行きたいと思っていたのですが、こんなに遅くから勉強を始めても大丈夫なのかと不安でした。だから夏休みは塾で毎日勉強しました。すると、11月の統一テストでは点数が100点以上上がり、校内でも10位以内に入ることが出来ました。それからも塾で勉強を続け、成績を下げることなく入試に臨み、合格できました。僕が合格できたのは小島先生のおかげです。ありがとうございました。

桜丘高校合格(2011年 紫錦台中学卒)

3年生になり、その時の自分の成績に私はとても驚きました。実力テストの合計点が250点を切り、学年の平均点とも全く変わらなかったのです。そんな私を変えてくれたのが夢盟塾でした。夢盟塾はとてもアットホームで、塾特有のピリピリした雰囲気もなく、家のリビングのような感じなのです(笑)。こんな家庭的な塾なのですが、真面目に勉強をするときは本気で勉強し、楽しむときは楽しむ、みたいに、全員が一丸となって色んな意味で高め合える最高の塾です。この1年、テストで悪い点を取ったり、部活で色々なことがあったり、時には親と大喧嘩して家出して小島先生にまで迷惑をかけたり、たくさんのことをしてきました。お父さんお母さん、小島先生、学校の先生、まろんちゃん、この1年本当にありがとう。これからも感謝の気持ちを忘れず、学校生活を楽しんでいきたいと思います。夢盟塾大好き!!

金沢大附属中学合格(2012年 南小立野小卒)

私は金沢大附属中学を受験して、改めて夢盟塾で勉強しておいて良かったと思いました。なぜなら、学校で勉強しているだけでは解けなかっただろう問題もスラスラと解くことが出来たからです。算数は色々な問題を解いておいて慣れておけたことが良かったです。国語は要約する力をつけ、社会は記述問題に慣れておき、理科は覚えた知識を元に考えるということが出来るようになり、良かったです。小6の夏期講習や冬期講習は本当に大変でした。算数と国語の大量演習、理科と社会の基礎知識暗記、作文&要約の練習・・・大変だったけれど、大量にすることで成績もとってもよくなりました。これだけのことを、家で一人でやっていたら絶対やり切れなかったと思います。この環境を作ってくれた周りのみんなや小島先生に感謝したいです。

金沢大附属中学合格(2012年 南小立野小卒)

私は金沢大附属中学を受験して、夢盟塾でやっておいて良かったと思いました。この塾は、夏期講習や冬期講習で大量の演習をし、多分この演習で力が付いたと思います。各教科それぞれ、たくさんの量をやり、理社国では暗記の問題もやりました。この塾は、学校に合わせず先取り学習ばかりだったけれど、その先取り学習が自分の力につながっていき、金沢大附属中学に合格することが出来たのではないかと私は思います。この塾の演習は大変だけれども、たくさん問題を解くことが大切だということが分かりました。夏は2000問くらいの算数プリントをやり、冬は理社の暗記をやりました。ただ単に問題をやるだけではなく、算数は特に解き方がしっかりわかるまですることで力が付きました。合格できたのは周りの人や小島先生のおかげです。しっかりと感謝してこれからも頑張りたいです。

金沢大附属中学合格(2012年)

私が金沢大附属中学に入りたいと思ったのは、難しい試験にチャレンジして自信をつけようと思ったからです。でも、最初の頃は社会の地理がとても苦手でした。その地理が出来るようになったのは、夏休みにすごく勉強したからだと思います。地理や漢字など、覚えるのが苦手だったのが、面白い説明で楽しく覚えられるようになってきました。社会だけではなく、算数や理科のミスも減りました。算数の文章問題を何度も解いていくと、あれ?どうやって解くんだろうと思った問題が、これはこうやって解く!とスラスラ解け、勉強が楽しくなってきました。けれど、こう思えたのは、夢盟塾のみんなで協力したり、小島先生に教えてもらったりしたからです。だから勉強は、みんなに協力してもらうものだと実感しました。

金沢大附属中学合格(2012年)

初めて夢盟塾に来たとき、金沢大附属中学はどれだけ難しいのだろうと正直驚きました。けれど夏期講習や冬期講習を頑張っていると、だんだん自信がついてきていることが自分でもわかりました。本番当日になり、問題を解き始めるととても簡単で、スラスラ解けました。これは大量のプリント演習をしていたからだと思います。また、小島先生の素晴らしい(?)指導のおかげだと思います。

金沢大附属中学合格(2011年 田上小卒)

夢盟塾に入る前は勉強をさぼってばかりで、ほとんど何も勉強をしていませんでした。夢盟塾は、難しい問題があっても先生が一つ一つ説明してくれてとても良いなぁと思いました。先生は受験について、色んなことを教えてくれて良かったです。すごく遅いスタートだったから、金沢大附属中学の合格は無理かな、と思っていたけれど合格できたので、すごくうれしかったです。それと、他の金沢大附属中学受験の塾より月謝が安くて助かりました(笑)。