Twitterフォローしてください♪(上が夢盟塾、下が塾長のです)

2018-19受験結果

◆金大附属高校 4名合格!(うち推薦2)

◆泉丘高校 19名合格!(うち理数科5)

◆二水高校 4名合格!

◆桜丘高校 2名合格!

金大附属中学 1名合格!

◆金大附属小複式 2名合格!

◆星稜中学 1名合格!

泉丘高校理数科合格(2019年 紫錦台中学卒業)

私は夢盟塾で、新しいことを知ろうと探究することの楽しさを知った。私は入塾当初、国英の文系科目が本当に嫌いだった。特に国語だ。この教科には、数学のような明確な公式が無いからだ。ひたすら難しい単語が羅列してあるだけに思える説明文や、理解不能な、物語文の主人公の行動。読むだけで苦痛だった。そんな中で、一日一個、必ず国語の問題を解くと決めた。何度も一つの文章を繰り返し読むことで、筆者の思惑や登場人物の感情の残像が、視界に端にかすかに見えるようになった。すると、もっとそれを知りたいと思うようになり、いつしか文章を読むのが楽しくなっていった。受験は戦いだ。しかし私はその戦略だけでなく、もっと人生において大切なものを学ぶことができた。勉「強」は「強」いられるものではないということ。そして、自分の意識の持ちようによって、マイナスをプラスに変えられるということだ。

泉丘高校理数科合格(2019年 紫錦台中学卒業)

僕は、小学六年生の終わり頃に夢盟塾に入塾しました。当時の僕は勉強があまり好きではありませんでした。しかし、塾で勉強し今までできなかった問題ができるようになると、次第に勉強が楽しいと思えるようになり、その結果中学のテストでも良い成績を取ることができました。そして3年生になると、予習を終わらせ、全国の入試問題を解くようになりました。そのおかげで苦手だった数学の応用問題も少しずつ解けるようになり、5教科でも点数が伸びました。僕は本番でも焦って凡ミスをしてしまったのですが、それでも合格できたのはあの質の高い、大量の演習のおかげだと確信しています。そして、大学受験に向けてこれからも勉強していきます。

中1、中2へ

今は定期テストなどで高得点を取ることを目指して毎日最低でも1時間は勉強しましょう。大変かも知れませんが今のがんばりが受験生になったとき大きな支えとなってくれます。さらに、上位校を目指す人は英・数の予習をして、3年の夏から全国の入試問題ができるようにすると良いと思います。がんばってください。

泉丘高校理数科合格(2019年 泉中学卒業)

泉丘高校に入学すること。それが、小学校の時からの私の夢でした。その夢が実現した今、改めてこれまでのことを思い返すと、多くの人に支えられてきたなぁと感じます。テストや模試で悪い点数を取っても優しく励ましてくださった小島先生、毎日送り迎えしてくれた家族、ずっと近くで勉強し続けた塾のみんな、受験前日に応援してくれたたくさんの友達。誰か一人でもいなければ、今回の合格はありませんでした。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。受験勉強として、全国の公立入試の過去問をするなかで、思ったように点数が取れず、悩んだり、志望コースを変えようか迷ったりしたこともありました。三学期に入ってから受けたテストは全滅で、本当に自分は泉丘に入れるのか、とても不安でした。しかし、夢盟塾で大量演習を続けることで、苦手な教科の点数も少しずつ上がり、自分に自信がもてるようになりました。入試本番では、ケアレスミスをしてしまったり、得意な英語の点数が伸び悩んだり、たくさんの後悔がうまれました。しかし、この悔しさを忘れず、次の目標である、第一志望の大学への入学に向けて、努力し続けていきたいと思います。高校入試は、無事合格という形で終わりましたが、この結果に満足せず、気持ちを引き締めて、勉強していきます。入試が終わるまでの期間、何度もくじけそうになりましたが、ずっと私を応援してくれた小島先生、家族、友達のみんな、本当にありがとうございました!これからも頑張ります!!

泉丘高校理数科合格(2019年 金大附属中学卒業)「夢盟塾」は本当にすごい場所だと思います。塾生全員が集中して勉強に励んでいるというとてもいい環境、テストの結果が悪くて落ち込んでいるとき、励まし、勉強のやる気を起こしてくれる先生。僕はこれらに何度も救われました。中3の夏、僕は思うように点数をとることができませんでした。第3回石川県総合模試で過去最低点を出し、第4回では第3回の点数を下回ってしまいました。また泉丘高校理数科の合格判定は「努力圏」ととてもひどいものでした。「もうだめだ。自分には無理だ。」と諦めかけていた時に僕を救ったのは小島先生でした。先生は僕にたくさんの的確なアドバイスをしてくれました。その言葉は僕の魂に火をつけ、もっと勉強したいと思わせてくれました。また、周りの人も集中していたため、刺激を受け大量演習をするきっかけとなりました。これらが合わさり、着々と学力を身につけ、ついに泉丘高校理数科に合格することができました。もし、夢盟塾に通っていなかったら、くじけてこの結果を得ることができなかったと思います。先生、みんな、ありがとう。

泉丘高校合格(2019年 紫錦台中学卒業)

泉丘高校に合格すること。それは私が入塾してから約三年半、ずっと目標にしてきたことでした。中学校に入ってから、部活が始まったり、勉強が急に難しくなったり・・・と大変なことばかりでした。しかし、先生方はどんな時でも一つ一つ優しく教えてくださり、とても助かりました。二年生の時。大好きで憧れだった先輩が泉丘高校に合格したことを知り、よりいっそう合格したいという気持ちが強まりました。そして三年生の七月。部活を引退し、初めて迎えた模試で、理科48点という、最悪な点数をとってしまいました。また、国語や社会、数学でも悪い点数をとってしまい、とても落ち込みました。そしてとても不安な気持ちになりました。その頃から、少しずつ嫌いだった大量演習ができるようになり、それに伴い点数が少しずつ上がり、自信につながりました。今回の、例年と違った傾向に焦らず対応できたのも、大量演習のおかげです。そして今だからこそ、大量演習をしていてよかったと心から思います。私が合格できたのは、大量演習だけでなく、たくさんの人に支えられてきたからでもあると思います。ときにふざけ合ったり、模試の点数を競い合ったりと、様々な場面で仲間として、ライバルとして支えあい、助け合ってきました。そんな仲間がいたからこそ今の自分がある、そう思います。また、何度も迷惑をかけたにもかかわらず送り迎えをしてくれたり、弁当を作ったり、届けてくれたり・・・私のために様々なことをしてくれた父や母や妹。そして陰で見守り、ずっと応援してくれた祖父母や先生方。本当に感謝したいです。ありがとうございました。これからはもっと大変になり、苦しむこともたくさんあると思いますが、越えられない壁はないと信じ、次の目標も達成できるように努力していきます。

 

泉丘高校合格(2019年 紫錦台中学卒業)

私は、泉丘高校合格を目標に夢盟塾で3年間頑張ってきました。私が合格できたのは、小島先生や家族、友人が支えてくれたからです。本当にありがとうございました。私は高校受験を通して2つのことを学びました。まず、努力は報われるということです。点数が思うようにのびず、悩むこともありましたが、入試本番では大量演習の成果がでてよかったです。これも、夢盟塾で今まで頑張ってきたからだと思います。次に、感謝することの大切さです。毎日お弁当を持ってきてくれた母、一つひとつ丁寧に質問に答えてくれた先生方、私を応援し励ましてくれた友達・・・多くの人への感謝を改めて感じられました。最後に、今ここ夢盟塾で勉強を頑張っているみなさんへ伝えたいことがあります。夢盟塾で得たことは、必ずみなさんの強みになります。これから、悩むこともあると思いますが、自分を信じて頑張ってください。応援しています。

泉丘高校合格(2019年 紫錦台中学卒業)

受験勉強にはげんだ約半年間を振り返り、多くの人に支えられてきたことを改めて実感しています。塾に入って、初めは演習の量に驚きもしましたが、地道にこなしていくうちに自信がついていったことは、よく覚えています。プリントの山が高くなっていくのに伴って、力と自信がつき、それが点数として結果に出ることで、さらにやる気が出ました。私が大量の演習を楽しむことができたのは、沢山の人に支えられ励まされてきたからです。初めて塾に来た日のことは、今でも覚えています。小学生は楽しそうに勉強しており、同級生はとてもあたたかく私のことを迎えてくれました。それまで私は、塾はただひたすら机に向かって勉強する場所だと思っていました。しかし、夢盟塾では、難しい問題に協力して取り組むなど、私の持っていたイメージと違う部分がたくさんありました。緊張はすぐにほぐれていき、塾に来るのが楽しみになりました。このような環境で勉強することができたことに、とても感謝しています。切磋琢磨し合った友人や、毎日お弁当を作って届けてくれた家族はもちろん、お手本となってくださった高校生の先輩方、難問に意欲的に取り組む小学生にも勇気をもらいました。先生方は私がわかるまで何度も丁寧にわかりやすく教えてくださいました。そして、小島先生には、勉強だけでなく、学ぶことの楽しさを教えていただきました。家族、友人、小島先生、夢盟塾という環境、そして大量演習。これらのどれか一つでも欠けていたなら、私は受験勉強を最後までやりきることができなかったと思います。支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、志を高く持ち、高校でも頑張ります。本当にありがとうございました。

泉丘高校合格(2019年 紫錦台中学卒業)

勉強が嫌いでした。でも、このままではいけないと思い夢盟塾に入りました。大量演習をすると聞き、頭が痛くなりました。案の定、今までに体験したことのない大変さが私を襲ってきました。そして迎えた入塾してから初めてのテスト。今までにないくらい良い点数をとることができました。この時やっと勉強する意味を理解することができました。同時に楽しさも覚えました。その後も大量演習。分からない問題は夢盟塾の先生方に聞きました。周りの塾生がかもしだす空気によって、私の集中が途切れることはありませんでした。勉強だけでなく、先生方との会話で少し笑って、疲れが取れます。ほとんど毎日お世話になりました。受験も今までの積み重ねを支えにして、見事成功。夢盟塾で学んだことをもとに、高校生活を頑張りたいです。

泉丘高校合格(2019年 城南中学卒業)

僕は、小島先生や夢盟塾に様々な面で助けられて、泉丘高校に合格することができました。僕がまだ夢盟塾にまだ入っていなかった2年生の後半のときは、学校の定期テストでもあまり良い点数がとれず、泉丘高校に行けるかも分からない状況でした。ですが、3年生になって塾に入ってからは、定期テストの点数も上がり、学校でも学年1位をとれるようにまで、成長することができました。塾の設備などが良かったということもありますが、塾の先生が熱心に質問に答えてくれたおかげだと思います。また、模試で、あまり点数がなかなかのびず、泉丘高校に受かるか心配していたときがあり、小島先生に相談しました。そのとき、小島先生からアドバイスを言われて、勇気をもらいました。そのおかげで、模試でも良い結果を残せた状態で受験に臨めました。これらの協力に感謝し、高校生活でもがんばっていきたいと思いました。

泉丘高校合格(2019年 金大附属中学卒業)

自分は2月中旬に行われた附属高校一般入試に不合格となりました。当然、落ち込みましたし、立ち直りに少し時間が必要でした。その時に小島先生に励まされ、公立入試まで1カ月足らずの中「頑張ろう!」という気持ちに変われました。そこからの1カ月は自分でも一生懸命勉強して、「泉丘合格」に向けて強い気持ちで頑張りました。塾には演習用の教材とは別に、内容を根本から理解する教材など素晴らしい教材が備わっています。また、全国各地の入試問題を時間を計ってすることで本番と同じような感覚で手軽に入試問題を解くことができました。塾にはレベルの高い生徒が集まっているので自分も頑張ろうと思える環境が整っていました。最後に小島先生をはじめとした夢盟塾の先生方、本当にありがとうございました。これからの高校生活も頑張ります。

泉丘高校合格(2019年 金大附属中学卒業)

『受験は個人戦ではなく、団体戦である』ということを、今回の高校受験を通して心から実感しています。僕は元々そこまで学力が高いわけではなく、中学に入ってからは数学と英語が苦手になり、いつも悩まされていました。石川県総合模試でも、数学と英語が低いことが目立っていました。しかし、それらのテストの解き直しをしっかりとして、分からないところは先生や友達に教えてもらうことで、間違えた部分を理解して進むことが出来ました。逆に、自分の得意科目である理科を友達に教えることで、より定着させることができました。こうやって勉強の日々を過ごすうちに、総合模試の結果が少しずつ良くなっていき、万全の状態で入試に臨むことができました。先生からの指導、塾生徒の支えあいが無ければ、途中で挫折していたかもしれません。それぐらい、たくさんの学びと思いが詰まった中学生生活になりました。しかし、『泉丘高校に合格すること』がゴールではありません。今から3年後、自分がどんな人間になり、どんな高校生活を送ったのか。それを振り返った時、「あの時、泉丘高校に合格出来て本当に良かった」と思えるように、これからも仲間と切磋琢磨しながら、頑張ります!

泉丘高校合格(2019年 兼六中学卒業)

泉丘高校に合格することができた。今振り返ると、「長く険しい道のりだったなぁ」と感慨にふけってしまう。それがどんな道のりだったか、今から紹介しよう。

~クエスト1・重圧(プレッシャー)~

私の受験は、常に『重圧』との闘いだった。「周りの人が頭よさそう」「折角覚えても忘れそう」そんな不安とプレッシャーを毎日感じていた。頭痛がひどく、よく眠れない日もあった。しかし、級友、家族、先生、そして塾の存在が、そのプレッシャーを乗り越える支えとなってくれた。クエスト1 クリア!

~クエスト2・生活習慣(ライフスタイル)~

自分は、とても夜に弱い。すぐに眠くなる。親からも、「周りの子は今も頑張っとるよ!」とよく発破をかけられた。が、どうしようもなかった。そんな中、夢盟塾を見つけた。以前は眠気に襲われていたような時間も、集中して机に向かえた。それだけでなく、朝も集中して勉強する時間を確保できるようになり、学習効率がグーンと上がった。クエスト2 クリア!

~クエスト3・性格(キャラクター)~

自分は、とても飽きっぽい性格である。受験期間も、何度もこの性格からくる壁にぶつかった。「この教科無理やー。別の教科やろー。」難度もこのような状況に陥った。そんな自分の性格を見直すきっかけになったのが、塾の仲間だった。隣で集中して演習する姿を見て、奮起して投げ出さずに取り組むことができた。クエスト3 クリア!

いかがだっただろうか。よく『受験は団体戦だ』という言葉を耳にするが、つくづく本当だと思う。受験を一人で戦い抜くことは難しい。だが、同じ目標を持った仲間となら、必ず乗り越えられる。そう実感した。さぁ、これから受験へと向かっていく勇者(後輩)たちよ。全力でやれ。他人行儀な言葉かもしれないが、心の底からそう思っている。そして、共に戦う仲間と、体調管理が大切だ。Good Luck!(幸運を祈る!)

泉丘高校合格(2019年 兼六中学卒業)

泉丘高校なんて、夢のまた夢。そんな風に考えていた、一年前の春。入塾から丸一年経ち、泉丘高校に合格した。塾でやったことは、ひたすらプリントやワークで問題を解いたこと。ただそれだけのことを、一年間やり続けただけである。部活動引退後はその量がどんどん増えていった。塾に籠もり、目の前の問題をひたすらに演習する。それをひたすらにやり続けた。単純なことではあるが、それが結果に表れた。自分でも想像しなかった点数の伸びに驚いたのを、今でも覚えている。学校内で大した順位も取れなかった自分が、統一テストで学年1位になった。3年の終わりに初めて100点を取ったこともあった。最後のテストで、自己最高得点である472点を取ったこともあった。入試の結果も、昨年の春には想像もつかないような、満足のいく結果となった。1年間演習し続けたプリントの量は、積み上げるとかなりの高さになる。その『努力の証』ともいえるプリントの山は、夢のまた夢を現実に変えた。もちろん、演習するのが辛い時もあった。だが、周りの仲間に支えられ、一年間演習をやり抜くことができた。今では夢と思えることも、現実に変えてしまえる…かもしれない。そんなこと身に染みて実感できた、一年間の夢盟塾生活であった。

二水高校合格(2019年 城南中学卒業)

最初はこんなにたくさん演習をしたことがなくて不安でした。でも、小島先生が分かりやすく分かるまで教えてくれたので、問題を解くことが楽しくなりました。以前は全く分からなかったのに、今では簡単に解けるようになっているので驚きました。そこから、好きではなかった勉強が好きになって、もっと難しい問題を解いてみようという気持ちが出てきました。分からなくても教えてくれるので、前向きに取り組むことができました。学校のテストでも解ける問題が増えていきました。このように、勉強や問題を解くことができる楽しさを教えてくれたのは夢盟塾です。私に勉強しやすい環境や勉強の楽しさがあったから、合格することができました。本当にありがとうございました。

二水高校合格(2019年 金大附属中学卒業)

私が、二水高校に合格することができたのは夢盟塾、そして今まで支えてくれた家族のおかげです。私は小学三年生の時に入塾しました。学校の帰りに友達と通い競争心を燃やして勉強していました。演習の合間には、小島先生の面白いトークを聞き楽しんで勉強することができました。勉強の楽しさを知る事ができたのは小島先生のおかげです。大量演習をして「つらい」と思う時もありましたが、コツコツ積み重ねることで自分の力になりました。また、精神力も鍛えられました。私は、他の人よりも多く受験を経験し第一志望校には合格できませんでしたが、小島先生の支えやその悔しさをバネにして、ここまで来ることができました。自分にとってとても良い経験となりました。小島先生には小さい頃からお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。合格したことに満足せず、その先を見てこれからも頑張り続けます!!本当にありがとうございました。

二水高校合格(2019年 兼六中学卒業)

私は、これから受験に向かっていく後輩に伝えたいことが3つあります。一つ目は、その高校に行きたいという気持ちを強く持つことです。受験勉強では苦しいことや辛いことがたくさんあります。焦ること、上手くいかずイライラすること、やる気がなくなることだってありました。そんな時「あの高校に行きたいから頑張ないと!」と自分を奮い立たせ、また勉強に取り組むことができました。その後も時々、「なぜ勉強するのだろう?」「なぜ受験があるのだろう?」という疑問が頭に浮かんで手が止まることがありました。そんなときも、その高校でやりたいこと、その高校でしかできないことを考えると、自分で納得して勉強に臨むことが出来ました。だから、自分の志望校に絶対行きたいという強い気持ちを持ってください。二つ目は、高校の文化祭に行ってみることです。文化祭に足を運んでみると、高校全体の雰囲気や、生徒同士の仲の良さなど、体験入学では分からないことがたくさん伝わってきます。実は私は、始めは今とは違う高校を志願していました。しかし、当時志願していなかった今の高校の文化祭に行ったとき、明るさ、仲の良さ、団結力などに惹かれ、絶対にこの高校に行く!と決めました。私自身、文化祭に行くだけで志望校が変わるとは思っていませんでした。高校や生徒の様子を知ることができる文化祭は、自分の進路を考える上で大きなチャンスになりますから、是非行ってみてください。三つ目は、後悔しないように勉強することです。もしも不合格だった場合、「もっと勉強しておけばよかった」と悔やんでも、もう過ぎた時間は戻りません。高校受験は人生で初めての、そして一回きりの分岐点です。後悔しないように努力すれば、どんな結果でもスッキリと受け入れて終われます。また、そんな結果よりも、「目標に向かって努力した」という過程そのものが、これからの私たちの人生にとってはよっぽど大切なんだと思います。だから、とにかく後悔しないように精一杯やりましょう。最後に。感謝を忘れないこと。受験ができるのも、支えてくれる人、応援してくれる人がいてこそです。私も、感謝の気持ちを忘れずに、高校生活を頑張ります。

金大附属高校推薦合格(2019年 金大附属中学卒業)

 受験勉強 それは、私にとっての最大の敵でした。良くも悪くもマイペースに、何事も楽しめなければ意味がないと思っている私。小学六年生でこの塾に入った理由は勉強がしたい!というよりもこの塾、面白いんじゃないか!?と思ったからです。当時は、小島先生の出す算数の難問を解いたり塾のプリントの枚数を競ったり、塾内のテストをしたりすることがとても楽しかったです。悩んで悩んで、やっと答えを出せたときの解放感というか、達成感というか。自分で道を切り開いた感じというか。自力で答えを導いたときにしか得られないものに心を奪われていました。中学校に入った後も問題を解くのは好きなままですし、勉強が面白い、という考え方も変わっていません。しかし、中学校に入って勉強を心から楽しめなくなった自分がいました。それはなぜか。そう、受験勉強が始まったからです。受験勉強。いい点数を取るために。第一志望に受かるために。大事なのはわかっているけど、なんだか義務のような感じがして。内容よりも点数が、自分の成績よりも周りの成績が気になって仕方ない。苦しい。そんな中でこの塾に来ると、自分よりも頑張っている人がたくさんいました。やらされているのではなく、自分で今日やることを決めて。自分のペースで。自分に責任をもって。教材はたくさんあるし、先生もいる。けれど、どうするかは自分次第。自由だけれど、ある意味で厳しい空間。そんな夢盟塾は点数よりも内容、周りよりも自分に意識を向けさせてくれました。受験後期になって点数が伸びてきたのは自分に意識が向くようになったことで、良い点数を、という気持ちと楽しく勉強を、という気持ちのバランスが取れてきたからだと私は思っています。改めまして、私が志望校に合格できたのは、小島先生や家族をはじめ、色々な方々に支えてもらったおかげです。本当にありがとうございました。高校入学後も勉強の楽しさを忘れず、自分自身と向き合って、勉強していきたいと思います。

金大附属中学合格(2019年 犀川小卒業)

夢盟塾にはいいところがたくさんあります。その中で私が特にいいと思ったと所は二つあります。一つ目は、たくさんのプリント演習やテキスト演習をするところです。たくさんのプリントやテキストをし、たくさんの問題を解くことで、全く違う問題が出てもつなげて考えることができ、色々な力が身につきました。二つ目は勉強する環境が整っているところです。みんなが静かに集中して勉強しているので私も集中して勉強ができました。自分のペースで勉強でき、先生へ質問しても、わかりやすい説明だったので理解ができ、勉強が好きになりました。支えてくれたみなさんのおかげで金沢大学附属中学に合格することができました。私を支えてくれた両親、先生、友達、本当にありがとうございます。これからも合格したからといって油断せず勉強をがんばっていきます。

金沢大学附属小学校複式合格(2019年 長坂台小)

私が、夢盟塾に来て一番驚いた事は「礼儀よくすること」です。私が初めて、家の人以外の大人にあった時は、あいさつもおじぎもしませんでした。だから、課題を聞きに行くと、「返事は?」と聞かれました。頭が良くて、計算を早くできていても、きちんとできなかったらいけませんでした。私は複式を受けました。複式の面接では、「いきなり答えるんじゃなくて、はい、と返事をしてから言うんだよ」と教えてくれました。小島先生と山田先生は小さく細かいところでもきちんと指導をしてくれていました。忘れっぽい私にでも、たくさん指導をしてくれる先生はそんなにいないと思います。年長の一月から塾に通っている私でも、色々な場面で怒らずに教えてくれます。「なんでできないの。」「ちがうよ!」などと、きつく言わない先生に教えてもらってよかったです。今年からも、たくさん質問して、たくさん教えてもらいたいです。

泉丘高校理数科合格のお母さん(2019年)

塾の存在意義とは何だろう。娘にとってのそれは、良きライバルとともに学び合う場を得られるということでした。夏休み明けのテストで偏差値が下がり落ち込んだ時も、親に言い出せない悩みを抱えた時も、側にいて泣き笑い話を聴いてくれたのは夢盟塾の生徒たちでした。一昔前のスポ根ドラマのように、憧れや尊敬の念を抱きながら「次こそは勝ちたい!」と追いかけた仲間の背中が、いつしか娘を大きく成長させてくれました。入試翌日、「高校数学おもしろい!!」そう言いながら塾から帰ってきた娘を見て、この子は親の手を借りずとも、自ら次のスタートラインに立ったのだなと、頼もしくもあり、親としては少し寂しくもありました(笑)。最後になりましたが、東奔西走しながらこの環境「夢盟塾」を提供して下さった小島先生、本当にありがとうございました。夢盟塾生の未来が輝かしいものでありますように。

泉丘高校合格のお母さん(2019年)

「すっごく楽しかった!!また明日も勉強がしたい!!」不安な顔をして初めて体験に行った娘が帰って来た時にそう言って、目をキラキラさせていたのを今でもはっきりと覚えています。そして塾に行くたびに、その日に教えてもらった事や、解いた問題について楽しそうに話してくれました。初めての塾だったので、いくつか他の所も見学してから・・・と思っていましたが、2週間の体験期間が終る前に入塾することを決めました。中学校では部活や学校行事が忙しく、勉強する時間を作るのが難しい時もありましたが、塾へ行くことを嫌がる日はほぼありませんでした。ただ年に数回、塾にあまり行きたくないと言うことがありました。それは、受験前の1~2月の時期です。理由を聞くと、先輩の中3生達が受験を控えピリピリしている雰囲気に耐えられないということでした。しかし、そんな中3生達がいろんな思いを持ちながらも一生懸命演習に打ち込み、努力する姿を見ていたおかげで、自分が受験生になった時の焦りやイライラも少しは自己解決できたのかもしれません。また、同学年の塾生にも恵まれていたと思います。お互いに励まし合い、まじめに努力してきました。時には点数を競い、頑張ってもすんなりとは勝たせてもらえない仲間達に「次こそは!!」とくらいついて行く様に演習に励んでいたと思います。どんな時も温かく見守り、寄り添って下さった小島先生、分からない問題を分かるまで丁寧に説明して下さった講師の先生方、夢盟塾生のみなさんには、本当に感謝しています。これからも夢盟塾で学んだ事を忘れず、謙虚に努力していってほしいと思っています。

本当にありがとうございました。

金大附属小学校複式合格のお母さん(2019年)

娘が夢盟塾に入塾したのは幼稚園年長の冬でした。当初は課題の多さと難しさに当惑して泣くこともあり、親としてもどう支えていけばよいのか悩ましく思いましたが、先生方は無理強いすることなく寄り添ってくださいました。また、誰にでも気持ちのよい挨拶をし、緊張感と積極性をもって勉強に励み、大きな成果を挙げる先輩のお兄さん・お姉さんの姿を見て、娘は大きな刺激を受けたようです。「私もああいう風になりたい」と、学習態度が次第に変わっていきました。小島先生の与えてくださる課題は、小手先の受験テクニックではなく、中高生になっても活きる思考力や問題解決能力を身につけることを見据えたものでした。附属小学校複式受験のさらにその先まで繋がる学びをいただいたと感謝しております。合格は新たな出発点という先生の教えを忘れず、充実した学校生活を送ることができるよう努力し続けます。本当にありがとうございました。

各教室のブログはこちら

■毎日2000アクセス以上! 小島塾長のブログ

「夢盟塾からお母さんにメッセージ」

http://mumeijuku.jp/

 

 

■高畠校教室長 児玉先生のブログ

「夢盟塾 高畠校」

http://taka.mumeijuku.jp/

 

 

■もりの里教室長 原谷先生のブログ

「夢盟塾 もりの里校」

http://mori.mumeijuku.jp/

 

※各教室の定員などは、ブログからご覧ください

お問い合わせ

上のボタンをクリックすると

お問い合わせフォームに行きます

電話 076‐222‐1115

FAX 076‐225‐8399

mumeijuku315@yahoo.co.jp

TOPICS

子どもが笑顔になる学習塾全国24選

に夢盟塾が選ばれました

塾長も共著させていただきました。

amazonや全国書店で好評発売中。