2019‐20受験速報

金沢大学附属高校 6名合格

泉丘高校 12名合格(理数科2名)

二水高校 12名合格(全員合格)

桜丘高校 6名合格

滝高校(愛知 偏差値72)1名合格

西京高校(京都 偏差値70)1名合格

同志社高校(京都 偏差値71)1名合格

 

金沢大学附属中学 3名合格

錦丘中学 1名合格

金沢大学附属小学校複式 1名合格

渋谷教育学園渋谷中学(東京 偏差値72)1名合格

 

※高校の偏差値はこちらのサイトを参考にしております

※中学の偏差値はこちらのサイトを参考にしております

 

金大附属中学合格(2020年 兼六小学校卒予定)

私が金大附属中学に合格できた理由は三つあります。一つ目は、たくさんのプリントやテキストで演習したことです。私は六年生になってからやってきたプリントやテキストを家に積んであります。そのプリントやテキストの山は、三十センチメートル以上もあります。これだけやったからこそ、ここまで力をつけられたのだと思います。二つ目は、レベルの高い友達と共に勉強できたことです。夢盟塾には、いつも県内一位を取っている友達(注釈:四谷大塚主催「全国統一小学生テスト」においてです)や、プリントやテキストを先にどんどん進めている友達がいます。そんな友達に追いつきたいと、私は何時間も勉強しました。三つ目は、努力を続けたことです。夏期講習で私はみんなより、とても遅れてしまいました。その時は、塾に行きたくなくなることもありました。しかし、「絶対に合格する!」と強く思い、毎日塾に行きました。そうすると、夏期講習の課題はみんなより遅れてしまいましたが、全部終えることができました。夏期講習が終わっても、続けて毎日塾へ行って勉強をしました。理由はほかにもありますが、どんな時でも毎日のように塾に行ったことが一番の理由だと思います。私は今回、金大附属中学校に合格できました。きっと入学してからも大変なことがあると思います。しかし、そんな時でも決して「受験しなければよかった」と言いません。なぜなら、私の合格の後ろには、入学したいのにできなかった人もいるからです。だから絶対がんばります。この受験が、三年後、六年後、その後に良いものとなるように、次の三年間を過ごそうと思います。支えてくれた学校の先生、塾の先生、友達、家族、本当にありがとうございます。これからも努力を続けていきます。

金大附属中学合格(2020年 杜の里小学校卒予定)

夢盟塾に通うようになって、おどろいたのは、勉強している友達の姿でした。みんなやらされている感じではなく、それぞれが高い目標をもって自ら勉強していたからです。私も最初の頃は、みんなの姿につられてなんとなく勉強をしました。しかし、大量演習をしていくうちに、今まで知らなかったことやできなかったことが身についていくのを自分でも感じられて嬉しく、楽しくなっていきました。そして、他の友達に早く追いつきたい、負けたくないと思うようになりました。塾に行くとスイッチが入り、集中して勉強ができたので、行く回数がどんどん増えていきました。勉強をすればするほど楽しくなり、先生が出してくれる難しい問題は、解けないとくやしく、解けると嬉しくてまたがんばろうと思わせてくれました。ここまで楽しみながら勉強できたのは、塾の友達、優しく、ていねいに教えてくれた先生方がいたからだと思います。本当にありがとうございました。これからもがんばります。

金大附属中学合格(2020年 富山の小学校卒予定)

ぼくが通っている夢盟塾には、とても良いところが二つあります。一つ目は,プリント、問題集がとてもたくさんあるところです。これらがたくさんある事で、たくさんの問題を解けて、いろいろな知識が身に付きます。また、先生が持って来て下さった応用問題がとても難しかったですが、どうやって解くのか考える事が、ぼくには楽しく感じました。二つ目は、かるたで楽しく地理や歴史を学ぶことができるというところです。ぼくは、社会の暗記がとても苦手でした。しかし、かるたを始めてから、だんだん暗記ができるようになりました。また、友達と協力してかるたをするので、仲良くなる事もできました。ぼくは、金沢大学附属中学校に合格した喜びをかみしめながら気をゆるめる事なく、勉強にはげみます。応援して下さった両親、塾長先生、本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

錦丘中学合格(2020年 小立野小学校卒予定)

「よーい、始めー。」僕が中学受験を決めたのは、6年生の10月でした。この塾に来たのも10月でした。オープンキャンパスに行って、「この学校で学びたい。」と思い中学受験をすることに決めました。自分でも遅すぎると思ったけれど、塾でプリントや、適性検査の問題集をたくさんしました。検査本番、適性検査1・2を落ち着いて、スムーズに解けました。でも、面接で緊張して少し失敗してしまいました。だから、合格の結果を見たときは、「信じられない!」と思ってしまいました。塾では、友達が「がんばれよ!信じているからな!」と言われ、プレッシャーを感じたけれども、とっても支えになったと思います。先生方もありがとうございました。これからも、塾で友達と仲良く勉強していきたいし、中学校生活に向けて気を引き締めていきたいと思います。支えてくれた、家族、友達、先生方、プリント・・・本当にありがとうございます。小島先生、これからも小さなやる気を大きな炎に変えてください。

金沢大学附属小学校複式合格(2020年 野々市の小学校卒予定)

むめいじゅくで、プリントやテキストをがんばりました。3年生の友だちと「プリントあわせて〇まいやる!」などをきめてがんばっていました。先生たちがわからないことを教えてくれたり、めんせつのれんしゅうをしてくれたりしました。しけんでは、自分のいけんを話すことと、さん数と国語のテストをがんばりました。しけんがおわったけれども、これからもっともっとがんばっていきたいです。

※小2生が書いたそのままです。平仮名が多いのはそのためです。

金大附属中学合格のお母さん(2020年)

小島先生

体験手記を書かせていただくことになり、夢盟塾での4年間を思い返しました。「挑戦」と「感謝」の2つの言葉が浮かびました。娘が笑顔で金沢大学附属中学校受験に挑戦できたのは、多くの支えがあったからと、感謝の気持ちでいっぱいです。小島先生、夢盟塾の先生方、ご指導ありがとうございました。娘は4年間で何度も壁に当たり、涙することも多々ありました。しかし必ず乗り越えることができました。それは、互いに励まし合い困難を乗り越え高め合える夢盟塾の友がたくさんいたからです。素敵な友との出逢いに感謝しております。ありがとうございました。小島先生の指導法は娘だけでなく私自身も学ぶことがたくさんありました。先生は時々難問を出されます。難問を考えるだけで1日が終わったり、「まだ解けんから延長お願いします」と娘から連絡が入ることもありました。結果解けずに帰ってくることもよくあるのですが、難問を通じて忍耐力、考える力、チャレンジ精神が養われたと思います。大量演習もその1つだと思います。子供自身がチャレンジし、クリアーしていくことで達成感や自信を得ることができると私も学ばせていただきました。手記で書くことではないのかもしれませんが、受験日、門のところで娘を送り出しました。娘は振り返ることもなく真っすぐ前を見て歩む姿に成長を感じることができました。私も子供の持つ力を信じ見守る力を養っていかなければと思いました。これからも頑張って努力していくと思います。ご指導の程、宜しくお願いします。

金大附属中学合格のお父さん(2020年)

金大附属中の受験を無事終え、来春の入学を認めていただくことになりました。あらためまして『夢盟塾』の先生方に御礼申しあげます。これまでのご指導、ありがとうございました。さて、夢盟塾には、小学三年の初冬から通塾し、丸三年になります。学びの充足感を求めてということになりましょうか、息子は、この三年を医王山の向こう側から山越えして通わせていただいていました。先生方はもちろん、塾生の皆さんと、それこそ楽しく学びながら過ごしてきたように感じています。その中で、最初のハードルとして中学受験があったのですが、塾へ通う中で、それへの意欲を高めながら受験の日を迎えられました。本人の意志の強さにも驚きながら、夢盟塾の恵まれた環境のなせる業かと感じています。『千里の道も一歩から』とか『雨垂れ岩をも穿つ』とか。耳目を驚かす人の偉業の背後には、その人の日々の努力の積み重ねのあることを、古人は指摘していますが、ささやかながら、子の中学受験を通して思い知らされた感があります。このような得難い機会を与えてくださった『夢盟塾』に感謝しますとともに、この後も変わらぬご指導をご期待申しあげます。どうかよろしくお願いいたします。

錦丘中学合格のお母さん(2020年)

息子が中学受験を自分で決めたのが10月の半ばでした。それまでは全く意識になく、学校見学で心を揺さぶられたことから始まりました。すぐに小島塾長に息子を託しました。かなり厳しいスタートでした。最初の実力診断は散々でした。私の方が受験は無理かなと気持ちが萎えてしまいました。そんな私の気持ちを奮起させたのは、息子の意識の変化でした。同じ学年の子が必死に頑張る姿に発火したのです。どれだけ長く塾で勉強してきても「あっという間で、楽しい。」と言っていました。励まし合える仲間と大量の演習は充実感と自信にしかなかったようです。私達家族は息子を全力で応援したいという気持ちを一つに出来ました。「互いの立場で頑張ろうと。」冬期講習では、特に集中が途切れないようにと、小島塾長が緩急を随所で巧みに使い分けてくださりました。おかげで息子は頑張りきる覚悟を決めることがができました。受験前夜、「ダメでも悔いはない!」と言いきれた息子は達成感を得たのでしょう。誇らしく思いました。これからも自分を信じて、なりたい自分に向けて努力し続けて欲しいです。最後に小島塾長、講師の方々、塾生の皆さんに心から感謝します。そして、これからもよろしくお願いします。

金沢大学附属小学校複式合格のお母さん(2020年)

人見知りな娘ですが、体験の時に中学生のお姉さんに親切に教えて頂いたおかげで、初日から「この塾で勉強したい。」と自分から言い入塾しました。夢盟塾では、真剣に勉強に取り組んでいる上級生の姿や、一緒にプリントの数を競い合ってくれる3年生に刺激を受けて頑張ることができました。小島先生や他の先生方にご指導して頂き、複式に合格することができました。ありがとうございました。今の気持ちを忘れずに今後も努力してほしいです。これからも宜しくお願いします。

 

毎日約2000アクセス!

小島塾長のブログ

https://mumeijuku.jp/

 

高畠校のブログ

https://taka.mumeijuku.jp/

 

もりの里校のブログ

https://mori.mumeijuku.jp/

 

福井校のブログ

https://fukui.mumeijuku.jp/

 

金沢大学附属小学校複式合格(2019年 長坂台小)

私が、夢盟塾に来て一番驚いた事は「礼儀よくすること」です。私が初めて、家の人以外の大人にあった時は、あいさつもおじぎもしませんでした。だから、課題を聞きに行くと、「返事は?」と聞かれました。頭が良くて、計算を早くできていても、きちんとできなかったらいけませんでした。私は複式を受けました。複式の面接では、「いきなり答えるんじゃなくて、はい、と返事をしてから言うんだよ」と教えてくれました。小島先生と山田先生は小さく細かいところでもきちんと指導をしてくれていました。忘れっぽい私にでも、たくさん指導をしてくれる先生はそんなにいないと思います。年長の一月から塾に通っている私でも、色々な場面で怒らずに教えてくれます。「なんでできないの。」「ちがうよ!」などと、きつく言わない先生に教えてもらってよかったです。今年からも、たくさん質問して、たくさん教えてもらいたいです。